PLAMODELING NOAH BLOG
目撃せよ!新たなNOAH!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
劇場版「機動戦士Zガンダム~星を継ぐ者~」自宅鑑賞
z_movie.jpg

ようやく新作から落ちましたので
またまた半額レンタルを利用して借りてきました。
落ち着いて家で見ると
また違う物が見えてくるって事でね!(笑)

続きを読みたい方はクリックして下さい。
[劇場版「機動戦士Zガンダム~星を継ぐ者~」自宅鑑賞]の続きを読む
スポンサーサイト
語ろうZガンダム! 永遠のガンダムシリーズVol.3


最近はこういう本も凄く増えましたね。
私は何故かヨド○シカ○ラで
見つける事が多いです(笑)

私がゆかなさんを守ります!!!(><)/

続きを読みたい方はクリックして下さい。
[語ろうZガンダム! 永遠のガンダムシリーズVol.3]の続きを読む
Z BIBLE「機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者」完全ドキュメント
z_movie.jpg

ちょっと面白そうな感じがしたので
少し前に買って読んでおりましたが
なかなかまとめる時間がなかったので
今更アップです。

続きを読みたい方はクリックして下さい。
[Z BIBLE「機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者」完全ドキュメント]の続きを読む
劇場版「機動戦士ZガンダムII ~恋人たち~」


暫く行ってなかったんですが(^-^;;
「機動戦士ZガンダムII ~恋人たち~」用に
公式HPがリニューアルされました。

「記憶なんか!想い出なんか!消えてしまえ~!!」

クッ…(笑)

続きを読みたい方はクリックして下さい。
[劇場版「機動戦士ZガンダムII ~恋人たち~」]の続きを読む
劇場版「機動戦士Zガンダム」主題歌 メタモルフォーゼ/君が待っているから
z_movie.jpg

映画でしか聞いた事がなかったんですが
ようやく全部聞いてみましたので感想書きます。
Gacktというアーティストとは
会社の女の子がキャーキャー言ってるくらいしか(笑)
知りませんでしたけどなかなか良いですね。

以前SEEDが放映していた時に
ガンダムの番組を夜中にやってたんですが
その時にGacktがゲストで登場したんですが
(TMRの西川氏も出てました。)
そこで「ガンダムと自分」って感じで(笑)
いろいろと語っていたんですが
「僕はガンプラとかにも全然はまらなかったんだけど
ガンダムのセリフにはまったんだよね。」と言ってまして
かなりマニアックなセリフとか知っていたんですよ!
それ以来急に親近感がわきましたね(笑)

そんなGacktが「Zガンダム」の主題歌を
手がけるという事で非常に楽しみにしておりました。
全体的にクリアーサウンドなのに
ヘビーな所はヘビーという感じもあったりして
クリアーギターとストリングス部分等
「カバーデル・ペイジ」のアルバムを思い出しました。

●Metamorphoze ~メタモルフォーゼ~●
gackt_a.jpg

始めて聴いたのは一部分でしたけど
オフィシャルページでの
告知ムービーだったと思います。

劇場のOPで流れた時には
かなり鳥肌ものでしたね(^.^)
ギターのピックスクラッチのステレオから始まって
淡々と曲を演奏していく感じ
このドラムパターン好きなんですよね~
壮大なイメージに良く合います。
フェンス・オブ・ディフェンスが良く使ってましたね。

また静かになりまして
サビで「ガン!」と盛り上げてますけど
淡々としている中にも燃え上がる印象の
じわじわと入って来る楽曲でして
スタッフのテロップが入る所とかもうヤバかったです(笑)
CGも綺麗でしたからね~

ボーカルにはかなりエフェクトとか入ってますね。
ラジオボイスからフランジ掛かった物等
宇宙のイメージ的でとても良いと思いますし
結構ハードロックよりなアレンジというか
フレーズと言うか半音進行個人的に燃えです(笑)
なんか笛の音も聞こえるんですけど
フルートとかなんでしょうか?
チックコリアのスペインとか思い出しますね。
こういう淡々とした曲って弾いてる人は
かなり気持ち良いのではないでしょうか?(^.^)
思いっきり自分に酔いしれる感じがします(笑)

●君が待っているから●
gackt_b.jpg

これは映画のラストに掛かる曲ですね。
正直スタッフロールと合わせただけの
EDはかなり寂しさを感じてはいたんですが
何回も見ると変わってくるでしょうか?
まだ1回しか見てないのでわかりませんが(笑)
富野監督が言っていたGackt楽曲の
「インストゥルメンタルの良さ」というのを
非常に感じました。

一聴すると変拍子にも聞こえるような
ストリングスとバンドサウンドのイントロや
中盤辺りからのアコースティクギターソロのアンサンブル等
ただの歌物ではないという印象は
劇場で聴いた時でも非常に好印象でした。
細かい所で言えば途中のスネアロールとか
かなり細かくていいっすね~!

かっこいい男がかっこいい歌をかっこよく歌っているのは
非常に嫉妬心を覚えたりもしますが(笑)
メロディーの方も凄く良いと思いますし
硬派なイメージがシリアス系の
富野作品に良く合っていると思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。