PLAMODELING NOAH BLOG
目撃せよ!新たなNOAH!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「君のぞらじお」 WEB版 第13回

kimiraji.jpg


連続で聴くいうのは結構いいかも!(・▽・)
だけど更新したのは今日です(^-^;;
そして明日はまた配信日(笑)

●君のぞらじお 前半●

以前に水月のコーナーで
「前に別れた彼女にもう1度告白する勇気を」
みたいなメールがあったんですけど
なんとビックリ!!
その彼女がこのラジオを聞いていたらしく
彼女の方から「よりを戻したい」と
連絡があったそうです!!
いや~ドラマですね~(^.^)
えるぼが付き合ってた人は
絶対聴いてないと思います(笑)
まあ戻す気は全くないんですけどね(笑)

今週のリクエストは残りの曲(笑)
「マブラヴ オルタネイティヴ」から
影山さんの「翼」でした。
この曲もどこで掛かるんでしょうかね。

JAMプロジェクトの曲はこちら↓


ところでオルタのページの更新がないんですが?(笑)
いろいろ先駆けて発売され過ぎてるんですが?(笑)
大丈夫なんですよね???

きーやんの一人大切りですけど
段々面白くなってきてません?(笑)
ふっきれたのか谷山紀章!?
というか…覚醒したの?(笑)
トーンで変わるものなのですかね~
逆効果ってのもあるもんですね(笑)
たまには叩いてみるのもいいのかも。

●らじお すかいてんぷる●

家の前にいた暴走族に
「うるさいから集会は他でやれ!」と
言った事があるお姉さんを持つ方からのメール。

確かに凄いですよね。
しかも1人で向かって行くとは
なかなかできるものではないです。
何事もなくて良かったな~と思いますね。
意外と世の中まだまだ大丈夫なのかしら?

今回の対決はエビかカニか。
カニがきよみんでエビがこず。
と言うかエビにも「はさみ」ってなかったでしたっけ?(^-^;;
取り敢えず買ったのはこずだったんですが
罰ゲームでのきよみんは
さすがに発音が綺麗だな~と思いました。
何気に気が付きにくい所ではあるんですけど
上手い声優さんだとホントノイズがないです。

●君のぞらじお 後半●

やっぱり毎週やっている緊急特別企画(笑)
仲が良い事で有名な君望ファミリー。
でも実際は本当の所どう思っているのか?
という企画。

「1番○○なのは誰?」みたいな感じでやっています。

これは実際に聞いた方が面白いかも!?
感想がとても書きにくい企画です(苦笑)

最後にハードゲイならぬ
ハードジョイ登場でフォ~~~~!(笑)

実は今回の放送で通さん99回目の放送だそうで
次回で100回目の放送だと言う事なんですが
何をやるのかいまいちよくわからない予告でした(笑)

「君のぞらじお」の曲↓


「らじお すかいてんぷる」の曲↓

スポンサーサイト
サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~
sakura5.jpg

いよいよ発売日が近くなりました。
テレビCMの方も段々と放映されてますね。
セガチャンの方でいつでも見れるようになりましたが
そこに出ているキーワードの中に
「信長降臨」とありまして
今回は紐育が舞台なのに?と
疑問が出てしまっているんですが(笑)
敵の名前も姿も日本系なんですね。
販売を世界展開していきたいと言う事で
わざとそうしているんでしょうか?
まあゲームをちゃんとやってみないと
わからないんですけどね(^-^;;

新次郎はどうも隊長ではないみたいなんですが
ネタバレがお嫌いな方には
サクラ5のHPはあまり見ない方がいいです。
ああ~見なきゃ良かった~~!!(T_T)
迎えに来るのが○○○だなんて…。

今回隊長はラチェットらしいんですが
ラチェットも攻略できるみたいですね。
顔を赤らめる所とか結構新鮮だったりします(笑)

今の所個人的に萌えられそうなキャラは
ジェミニとラチェットと売り子の娘って感じなんですが
ダイアナの声優さんが結構可愛いなと思っています(笑)

現在君望廃人になっている方からの
リクエストで模型のご紹介です(笑)
サクラ大戦と言えば「熱き血潮に」の
WAVE製のプラモデルも発売しましたね。
今の所さくら機とすみれ機で
次はマリア機という感じで発売していくみたいです。

まだ買っていないのでどんな感じなのか
よくわからないのですが(^-^;;
設計図だけ見ますと相変わらず
作りにくそうな印象がしますね(苦笑)
それと少し横に長いような印象もあります。
太ったような感じ?光武Fと同じくらいな
ボリュームになったんでしょうか?

ちなみに宣伝になってしまいますが(^-^;;
以前ウチの本サイトでやりました
サクラ大戦の模型イベントがあります。
宜しければご覧下さいませ~m(__)m
音とか出るコンテンツですのでその点は要注意です!

サクラ大戦3 Noah Review ~巴里に萌えているか~
サクラ大戦2 Noah Review ~君、萌え死にたもうことなかれ~

サクラ大戦V~さらば愛しき人よ~↓


サクラ大戦V-0~荒野のサムライ娘~↓
コミックバトン
いつも当ブログへ来て頂いて有難う御座います!
コメント・TBも合わせて有難う御座いますm(__)m
たまに何か忘れていたり
失礼な事をしているかもしれませんが(^-^;;
ご容赦頂ければ幸いです。

さてさて…。
「コミックバトン」と言うものを頂きました。
別名「不幸の手紙」いや「幸せのトラバ」です(笑)
最近流行っているのでしょうか?
音楽のもあったりするようですが
そちらを頂きたいとは思いつつ
正直もらっても選び切れないとも思います(笑)

何やら質問に答えてブロガーを5人選び
TBを送信するというものを
Dさんから頂いてしまいました。

とにかく選ばれた事が嬉しいので(笑)
マンガはあまり最近読んでないんですが(^-^;;
頑張って書いてみたいと思います。

【所持する漫画の冊数】

数は覚えてないですね(^-^;;
模型やガレキの在庫だって把握できてませんし…(笑)

100冊はないんでしょうけど
10冊とかでもないですね。
そこそこ…ほどほど…です(笑)

【今面白い漫画】

最近マンガという事では読んでないんですけどね(^-^;;
「マブラヴ アンリミテッド」くらいでしょうか。
でもこれはゲームが好きだから買ったようなものですしね。
「今」じゃなければいろいろあるんですけどね。

【よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画】

これだったら答えられそうです。

「あしたのジョー」

アニメもマンガも映画も全部見ました!
矢吹丈の生き方は私に取っては
やはりバイブル的存在です。
ちなみにこれの話すると長くなります(笑)

「湘南爆走族」

高校の時にかなりはまりましたね。
ギャグとシリアスなギャップが良いと言うか
真面目とバカの行動はとても学びました(笑)

「北斗の拳」

名言「お前はもう死んでいる!」等
世紀末の荒廃した世界を舞台に
主人公ケンシロウが暴れまくる格闘もの。
良く真似して遊んでましたね(笑)

「空のキャンバス」

元体操部だったんで全巻揃えましたが
感動するいいお話でしたね。

「史上最強の弟子ケンイチ」

一応松江名先生の知り合いなので
応援の意味を込めて入れさせて頂きました。
どんな知り合いなのかはこちら

【最後に買った漫画】

「マブラヴ アンリミテッド」
元々原作はゲームなのですが
そちらが好きなのでどんなものか買ってみたので
少々「マンガだから買ったのか?」という
意味合いで考えると違うかなと思います。
取り敢えず女の子の絵が可愛くて萌えます(笑)

【バトンを渡す先】

貰いたい方いらっしゃいますかね?
もしいらっしゃいましたら申し出て下さい。
正直マンガの感想とかは書いてないので(^-^;;
どなたが良いのやらわかりませんです。
SEED120%! 第19回
flets_destiny.gif

オバタ・メグミ。
前回ルナマリアのコスプレで登場してた人なんですが
なんで今回はジャージ?(笑)
ヤンクミですかね?(^-^;;
まあすぐに着替えてましたけどね。
ちなみに着替えシーンはないですよ?(笑)

いきなりメイリンに怒っているタカハシ。
アスランがグフに乗るって事で、また30代ネタが!(笑)
リョウコの「グフだけにね!」がなんか可愛いです(^.^)
ちなみに言ってたセリフはランバ・ラルのセリフです。

●DESTINYストーリーダイジェスト●

今回は26話~23話まで。
ステラがガイアのパイロットだと言うのを
シンが知った所からステラが死んだ回まで。

宇宙へと書いて「そらへ!」
地球へと書いて「テラへ!」はなかなか(笑)

何故かアウルの死んだ事は軽くスルー(笑)
映像すらなかったですけど…なんかあるんですかね?

●DESTINYで超・再放送●

今回は22話「蒼天の剣」
お送りしているのはトダカ役の一条和矢さんと
アマギ役の千葉進歩さんです。

アフレコ時はかなりラフな絵で
やっているみたいですね。
確か1度そんな映像見た事がありますけど
(アスランとカガリのアフレコ風景)
線画だけみたいなヤツですね。
だからどんな顔なのかよくわからないまま
アフレコしてるみたいです。

そういえばこの間NHK教育でやってた
声優さんの番組もそんな感じでしたね。
大変ですね…声優さんは(^-^;;

かなりノリノリのトダカ役の一条さん。
トダカとは全然違いますね(笑)
一条さんは鈴村さんの事を
「すずちん」と呼ぶみたいですね。

「ガンダムは何を見てたか?」という話とか
「ガンプラは物凄いブームだった」とか。

やはり声優さんとしては御二人とも
「ガンダム」と名の付く作品には出たかったようで
今まで縁がなくてなかなか
声が掛からなかったらしいんですが
DESTINYで1話で呼んでもらって
その時にトダカには名前がついてなかったらしく
ただの「仕官」だったらしいんですけど
それでも凄く嬉しかったみたいです。
「ガンダムに出れる!」と言って
子供みたいに足をバタバタさせたそうです(笑)

そしてアフレコ現場に行ってみたら
「これだけ人が集まるの?」って思うくらい
声優さんの数が凄いらしいです。
まあ話には聞いてますけどね。

アマギ役の千葉進歩さん1度オーディションで
落ちたらしいんですけど
今回アマギ役で改めて呼んでもらったそうです。
オーディションっていまいちどんな感じなのか?
よくわからないんですよね(^-^;;
決まった時点からしか仕事した事ないんで…。

1話でシンを助けた士官としては登場した一条さんですが
それから暫く出番がなかったそうで
改めて呼ばれた時「トダカ」という新キャラだと思ったらしく
「名前あるんだ…(笑)」と言ってます。
後付け設定なんですかね?
「後で出るかもしれないですけど…」と匂わされて
いたらしいですけどね。

一条さんはトダカって昔気質の軍人で
ストレスがたまって演じにくかったみたいですけど
軍人っていうのは昔も今も基本的にはそうなんですよね。
いくら上司がバカでもなんでも
命令とは絶対で必ず従うものですからね。
でないと軍隊としては機能できないんですよね。

オーブ軍だけ戦闘に入る時「合戦用意!」って言うのを
最初「これ誤植?」と思ったらしいです(笑)

千葉さんが凄く細かい事を言ってまして
いわゆるガヤをやる中で死ぬ気持ちも演じている事とか
考えると凄い人が死んでいると
それだけのものを背負っているとか
重さがあって深いと言ってるんですが
一条さんはまるっきりスルーしてまして(笑)
「なんでガンダムは色がつくんだ?」
それがすずちん(鈴村さん)曰く
「電池が入ったから」だと言われたみたいです(笑)
説明するの面倒臭かったんですかね?(笑)

意外と面白い一条さんと真面目な千葉さんって感じでしたね。

次回は超・再放送の再放送?
「そんな事言って種~」と
超・再放送はまたまたアーサー役の高橋さんと
メイリン役の折笠さんです!!
メイリン・ホーク役の折笠さんですっ!!!
メイリン・ホーク役の折笠富美子さんですよぉ~~!!!

もういいですか?そうですか…(笑)

今回なんかリョウコのセリフが
凄く可愛かった気がしました。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第36話
seed_destiny.gif

う~ん…こうなりましたか~
猪野熊監督が白で終わりましたけど
議長は益々黒くなってしまいましたね(^-^;;
まあまだ最後まで見ないとわからないんですけど
先週の次回予告で「グフ」って言ってたのは
そういう事だったのか~と思いました。

デスティニーとレジェンドの説明から入り
アスランと議長の会話。
状況証拠も理屈も完璧と言う感じで
聞こえてはしまうんですが
「物は言い様」って感じですかね。
正しいとか間違っているとか
そういう解釈ではなくて
なんかつまんない人物になりましたね。
都合の悪いミーアの事には一切触れず
あくまでラクスと言っています。
まあ取り敢えずこちらも様子を見たいです。

レイと議長の会話。
そこにミーアが会話を盗み聴いてしまうのと
キラとアスランとの邂逅の写真が!
これはルナマリアからタリア艦長へ
そして議長へと渡ったものなんでしょうかね。

ミーアからアスランへのタレコミです(笑)
議長はアスランの役割を「戦士」として見ている。
つまりそれ以外の余計な思想は要らない。
なら何故我々は物事を考える力を持っているのだと
そしてアスランにもそれはある筈であり
前作のSEEDでの3隻同盟にまで入った1人であれば
その思想に辿り付く筈だと想定しなかった?
いや…取り敢えず使えるものは使おうという考え?

レイ「いえ生きています、彼が殺さない限り…胸の中では」
議長「それは厄介だな…罪状はある、後は任せていいかな?」

DNA鑑定の専門家である議長が
「ミームの存在」を知らないはずはないのに。
ちなみにミームというのはキャラの名前ではなくて
簡単に言うと「思考型DNA」みたいなものです。
いずれ物理の勉強で触れたいとは思ってますが…。

例えキラが死んでもその思想がある限り
アスランはその意志に沿って戦うって事なんですよ。
そんな事がわからないはずでもないだろうに…。
ああ~議長が小さく見えてきたぁ~!!
それともこれもフリなのか???

アスラン「さすが議長は頭がいいな、俺の事を良くわかって…」

まあ確かにある意味そうなんですけど
本当に理解しているならばもっと違うやり方で
アスランを抱き込めるはずなんですけどね。

ついにアスラン脱走!!!

ミーア「あたしはラクス!ラクスなの!!ラクスがいい!」

あくまでもその椅子に座り続けようとするミーア。
ああ~これで死亡フラグ確定ですね(笑)
なんか昔のミーアの映像も出てましたね?

ミーア「役割だっていいじゃない!ちゃんとやれば!」

まあ…それも一理あるんですけどね(^-^;;
確かにそういう生き方もあります。
それを否定する事は私はしません。
でも…哀しいですね。
アスランの差し伸べた手を拒否します。

今度はメイリンの所に逃げ込んだアスラン。
メイリンが機転を利かせてアスランを庇うんですが
何故泣いてしまったんでしょうかね。
私に女心を教えて下さい(笑)

更にメイリンの手助けで脱走するアスラン。
議長からタリアさんにも連絡が入りますが
都合の悪いことは言わないんですね。
ああ~つまんねぇ~!議長がつまんねぇ~!!

レイ「やっぱり逃げるんですか、また!
俺はギルを裏ギルなんて許しませんよ!」

やっぱりって…どういう意味だ!!(笑)
って言うか…シャレになってるよ?(笑)

メイリンを助けるためついにアスランが本気に!

アスランが差し伸べたその手をしっかりと掴むメイリン!
ああ~なんかわからんけど燃えるっ!!(笑)
俺も誰かの手を引いて逃げてみたいです(笑)
と言うかメイリンが無事で良かったぁ~!!

ここでグフに乗るアスラン。
デスティニーとレジェンドでシンとレイが追います。

レイ「油断するな…追うのはアスラン・ザラだ!」
シン「え?アスランが…そんな…なんで?」

結構意外な反応のシン。
ついにシンも変わる時が来たって感じですかね。
ここで変わるんですね…これまた随分と
時間の掛かる子です(笑)
カガリ並です。
次回予告でそんな印象でしたね。

議長がつまんなくなってきたので
結構ガッカリでしたけど(^-^;;
メイリン大活躍で萌えました!!(笑)

「君のぞらじお」 WEB版 第12回

kimiraji.jpg


完全に一週遅れの感想です(汗)
逆に言えば連続で聴けるという嬉しさもあり(笑)

●君のぞらじお 前半●

水月の「3、2、1、ハイ!」の時
手を動かしながらやっているのだと
みな実ちゃんが教えてくれました。
喋ってる時身振り手振りしてしまう事は
よくありますよね。

「水臭い」と言う言葉の由来。
お酒を飲んでいる時に
杯を水で洗って飲み合うという事がありますけど
逆にそれが酒を水臭くしてしまうというのがあって
親しい間からだとそういうのはしない。
つまりそれが由来だと言ってました。

今週のリクエストは
「マブラヴ オルタネイティヴ」から
遠藤正明さんの「Carry On」
ホントみな実ちゃんのライヴの時に
聴いたのは感動しましたよ~
声量で聴かせまくったって感じです。

JAMプロジェクトの曲はこちら↓


そういえばあれからオルタページの更新がないのが
かなり気になります(笑)
これだけ宣伝始めちゃったんですから
もう引くに引けないと思うんですけど
とてもとても心配です(笑)

きーやんの1人大切り。
先週ボロクソなメールが届いてましたが(笑)
「そんな事ないよ!たまに面白いよ」という
励ましの(?)メールも届いてましたけど
今週はかなり面白かったんじゃないですかね?
最後はつまんなかったですけど…(爆)

●らじお すかいてんぷる●

相変わらずパチスロの話。
それとこずの趣味が音楽鑑賞と言う事で
いろいろ話してましたが
どっちの話も全くわからんです(笑)
でもまあ音楽は聴いてみれば
なんとかわかると思いますけどね。

今週の対決のお題は「鬼と河童」
こずが鬼派できよみんが河童派。
正直予想外の結果でしたね。
明らかにこずの方が良かったと思ったんですけど…。
何故か勝者はきよみん。

罰ゲームは方言って事だったんですけど
こずは東京出身なのに上手いですね~!
さすが声優さんって感じでしょうか?(^.^)
と言うか得意分野って事ですかね(笑)

●君のぞらじお 後半●

毎週やっているような気もする(笑)
緊急特別企画(笑)

「君のぞらじお」と言う名前なのに
どんどん「君望」から離れて言ってる感じがすると言う事で
久しぶりにラジオドラマのアイデアを考えようという企画です。
いやいや久しぶりですね!

それぞれみんなで出し合っているんですが
水月とあゆの話は結構面白そうでしたし
まゆの時代劇も今までありそうでなかった?
みたいな感じなので個人的には
この3つが良かったですけど
なんとリスナーにも募集すると言う事です!!

なんか考えてみたくなりましたね~
ある程度のあらすじとかを題材に
後はアージュスタッフが手を入れるんでしょうけどね。

「君のぞらじお」の曲↓


「らじお すかいてんぷる」の曲↓

劇場版「機動戦士Zガンダム」主題歌 メタモルフォーゼ/君が待っているから
z_movie.jpg

映画でしか聞いた事がなかったんですが
ようやく全部聞いてみましたので感想書きます。
Gacktというアーティストとは
会社の女の子がキャーキャー言ってるくらいしか(笑)
知りませんでしたけどなかなか良いですね。

以前SEEDが放映していた時に
ガンダムの番組を夜中にやってたんですが
その時にGacktがゲストで登場したんですが
(TMRの西川氏も出てました。)
そこで「ガンダムと自分」って感じで(笑)
いろいろと語っていたんですが
「僕はガンプラとかにも全然はまらなかったんだけど
ガンダムのセリフにはまったんだよね。」と言ってまして
かなりマニアックなセリフとか知っていたんですよ!
それ以来急に親近感がわきましたね(笑)

そんなGacktが「Zガンダム」の主題歌を
手がけるという事で非常に楽しみにしておりました。
全体的にクリアーサウンドなのに
ヘビーな所はヘビーという感じもあったりして
クリアーギターとストリングス部分等
「カバーデル・ペイジ」のアルバムを思い出しました。

●Metamorphoze ~メタモルフォーゼ~●
gackt_a.jpg

始めて聴いたのは一部分でしたけど
オフィシャルページでの
告知ムービーだったと思います。

劇場のOPで流れた時には
かなり鳥肌ものでしたね(^.^)
ギターのピックスクラッチのステレオから始まって
淡々と曲を演奏していく感じ
このドラムパターン好きなんですよね~
壮大なイメージに良く合います。
フェンス・オブ・ディフェンスが良く使ってましたね。

また静かになりまして
サビで「ガン!」と盛り上げてますけど
淡々としている中にも燃え上がる印象の
じわじわと入って来る楽曲でして
スタッフのテロップが入る所とかもうヤバかったです(笑)
CGも綺麗でしたからね~

ボーカルにはかなりエフェクトとか入ってますね。
ラジオボイスからフランジ掛かった物等
宇宙のイメージ的でとても良いと思いますし
結構ハードロックよりなアレンジというか
フレーズと言うか半音進行個人的に燃えです(笑)
なんか笛の音も聞こえるんですけど
フルートとかなんでしょうか?
チックコリアのスペインとか思い出しますね。
こういう淡々とした曲って弾いてる人は
かなり気持ち良いのではないでしょうか?(^.^)
思いっきり自分に酔いしれる感じがします(笑)

●君が待っているから●
gackt_b.jpg

これは映画のラストに掛かる曲ですね。
正直スタッフロールと合わせただけの
EDはかなり寂しさを感じてはいたんですが
何回も見ると変わってくるでしょうか?
まだ1回しか見てないのでわかりませんが(笑)
富野監督が言っていたGackt楽曲の
「インストゥルメンタルの良さ」というのを
非常に感じました。

一聴すると変拍子にも聞こえるような
ストリングスとバンドサウンドのイントロや
中盤辺りからのアコースティクギターソロのアンサンブル等
ただの歌物ではないという印象は
劇場で聴いた時でも非常に好印象でした。
細かい所で言えば途中のスネアロールとか
かなり細かくていいっすね~!

かっこいい男がかっこいい歌をかっこよく歌っているのは
非常に嫉妬心を覚えたりもしますが(笑)
メロディーの方も凄く良いと思いますし
硬派なイメージがシリアス系の
富野作品に良く合っていると思います。

「アタックNo.1」 感動の最終回
attackno1.jpg

猪野熊「俺の仕事は居座る事じゃない。
    次の礎を築く事だ、次の時代に渡す事だ。
    本郷!指導者としての王道を歩め!」

遺伝子とは男と女が子を産み育て
後の世に伝えていくものであるが
人と人とが接する中で相手の意志を受け継ぎ
それを後の世に伝えて行く事も
また1つの遺伝子である。

こずえ「私…バレーをやってて本当に良かった」

逆境にも負けず直向に頑張るこずえ。
強さとは相手を打ち負かす事はではない。
厳しい試練に、弱い己自身に
打ち勝とうとする心である。
それは直向に走ったものだけが言えるセリフである。

鮎原こずえと猪野熊大吾。

木曜ドラマ「アタックNO1」とは
この2人を中心とした
王道熱血スポ根ドラマだったと私は思います。
この2つが見れただけで私にとっては
大変満足のいく最終回でした。

特に物語後半からのこずえの生き方には
大変共感を覚え、また感動させられました。
笑うのもバカにするのも簡単ですが
なかなか真似できるものではないです。
私も強くなりたい、そして強くありたいと
心から思います。

ヤンクミといい、こずえといい
この半年間は熱血ヒロインにやられっぱなしでしたが(笑)
来期のドラマにはそういうモノはあるんですかね?
情報を見る限りではなさそうな感じがしますので
今の所来期のドラマを見る予定はないのが残念ではありますが
もしそういうものがあったら教えて下さい。

完全にドラマ世界に入り込んでしまいましたので(笑)
いつものような感想は正直書けそうにないです。
明日起きたら落ち着くかもしれませんので
また感想書くかもしれません。

この3ヶ月間このドラマを通じてお付き合い頂いた
全ての方に心から感謝致します。
どうも有難う御座いましたm(__)m





「アタックNo.1」 最終回直前宣言(笑)
attackno1.jpg

みんな、準備はいいか?

(ハイッ)

泣いても笑っても今日が最終回だ!

(ハイッ)

ブロガーのみんな!
いつもTB&コメントありがとう!
今日まで本当に良く見てきた。
お互い感想をこれまで沢山書いてきた。

お前達は今日ここで泣くために
感動する為ににここまで見てきたんだ!

自信を持て!自分に自身を持って
思いっきり感動して来い!
今のお前達なら必ず泣けるっ!

正直言うとな、俺もここまでハマルとは思わなかった。
彼女らの頑張りやブロガーの方々のおかげで
俺も今日ここで感想を書いてると思ってる。

お前らが挫けずに頑張り通したから
俺は今ここにいると思う。

お前ら1人1人の力が1つになって
1人1人の頑張りが大きな力になって
ここまで来れたんだ。

この選抜メンバーに大沼キャプテンが
選ばれなかったのが
本当に心から悔しくて仕方がないが(笑)
あいつの今までの頑張りも
そして萌えも全部お前らが背負って戦って来い!

お前ら最高のブロガーだ!
お前らは毎週思い思いに感想を書いてきて
そのせいで沢山さんの事を犠牲にしてきたかもしれない
沢山の時間を失ったかもしれない

でもな…。
お前らはそのかわりに熱くなれたんだ!

誰にも負けないくらい熱くなれたんだ!
今のお前達なら絶対に泣けるッ!
どんな展開だろうが絶対に泣けるッ!

(ハイッ)

ブロガーのみんな!

(ハイッ)

どんな展開でもこれで最終回だ!
思いっきり感動してこいっ!

読んでくれているみんな!

(ハイッ)

最終回に力を貸してやれ!

(ハイッ)

よぉ~し、行って来いっ!!!

(ヨシッ!)

ではこれからどっぷりと漬かって参ります(笑)





「アタックNo.1」 オリジナルサウンドトラック 感想 PART2
attackno1.jpg

このサントラのテーマは「リスペクト」である。
1曲目の「ゆうひかげ」は主題歌へのアレンジによるリスペクト。
そして昨日も書きましたが
9曲目の「希望の丘」はバレーに関わる人達へのリスペクト。
というサウンド会社?チーム?の
super soniQ incのライナーノーツ。
この2曲が主軸となってサントラの製作をされたそうです。

ドラマを見ている方であれば
聴けばそのシーンが浮かんでくるという感じでしょう。
1曲1曲を細かく取り上げませんが
クラシック風、ジャズ風、フュージョン風
ロック風、ハワイアン風等々
ジャンル自体の幅、曲調としての幅を
ドラマ「アタックNO1」の世界観を作り上げています。

attackno1_ost.jpg

その中に「初恋」という曲がありまして
これは確か努君とのシーンで
良く掛かってた気がするんですけど
あの涙のラーメンシーンでも掛かってましたね。
2人共きっとお互いが好きだったと思うんですが
努君の事故による他界で結局言えないまま
儚い恋として終わってしまってるんですけど
やっぱりあれは「恋」だったんだな~と思うと
結末はともかく嬉しくなります。

後半部分にOP曲とED曲の
ストリングスバージョン等も入ってまして
こずえに成り切って「頑張るぞ~!」と言ってみたくなります(笑)
最後にTVサイズでのOPとEDも入ってます。

サウンドトラックへの作曲家の考え方は様々だと思います。
日常で何かドラマのような事があったとしても
音楽等掛かったりはしないんですが(笑)
主人公達等の心情をより表現し
物語に厚みを加えるものだと思います。
時には引いて、時には音楽が物語を全体を包み込むような
そんな役割をしなければなりません。

「微笑んでいる映像に悲しい音楽を付ければ
悲しみの中にある微笑みだという演出ができる」

音楽には二面性と言う物も表現できると語ったのは
最近どこへ行ったのか?よくわからない(笑)
元ゲーム界の風雲児飯野賢二である。
もちろん音楽単体で聴いても
良い物であれば言う事なしでしょう。

「サウンドトラックはドラマチックであれば尚良い」

これは今私が考えた言葉なのですが(笑)
元々歌ものにしろインストにしろ
ドラマチックなものが大好きです。
簡単に言うと「熱くて臭い」って事です(笑)

名前を記憶している作曲家で言いますと
大島ミチルさん(ごくせん・ショムニ等)
服部隆行さん(王様のレストラン・PSゲーム「IQ」等)
岩城太郎さん(沙粧妙子最後の事件・人間の証明等)
等などが良くドラマ等で作曲されておりますが
個人的にはオーバーなくらいの楽曲が好きです。
基本的にメロディーが濃いと思ってます(笑)

ジャケットの方はというと
正直これだとアニメのサントラだと勘違いしそうです(^-^;;
問題があるのかわかりませんが
出来ればドラマの方の映像も使って
(個人的にはOP部分のこずえ達のシルエット希望)
リバーシブルジャケットとかやって欲しかったです。

CDの絵柄の方は皆さんもご存知のように
「丸」でありますのでバレーボールの形に
なっているのはなかなか面白いです。
ドラマを楽しまれている方には
是非にオススメしたいサントラです。

いよいよ明日は最終回です!
今まで見てきた人もそうでない人も
是非是非見てみましょう~!





「アタックNo.1」 オリジナルサウンドトラック 感想 PART1
attackno1.jpg


最初このドラマを放映する事すら知りませんでした。
たまたま食事の時にテレビが付いていたんです。
「へぇ~アタックNO1の実写版なんだ~」
そういう軽い気持ちで見たんです。

ちなみに私の「アタックNO1」の知識と言うと…。

1:昔のアニメ(マンガ)である。
2:ヒロインが「鮎原こずえ」と言う名前である。
3:「苦しくったって~♪悲しくったって~♪」という主題歌。

そのくらいのものです。
なんの期待もしないでたまたま見ただけです。
本当にたまたまでした。
「まあいいんじゃないの~?」くらいの
軽い気持ちで見ていましたがドラマが後半に入った頃
私の耳はある曲に耳を奪われました。

attackno1_ost.jpg

「Turning Point」

こずえ達が困難に立ち向かって行く時に
必ず掛けられていたこの曲。
目の奥底に炎が灯ってくる
心の底が熱くなって来る感じ。

こずえ「絶対に負けない…。」

私にとってこのドラマを毎週見ていこうかなと思った
本当のきっかけはこの曲にあったのではと感じています。
まさにこの曲名通り、私とこのドラマとの
「Turning Point」になった訳です。
(もう1つのきっかけは猪野熊監督の意味不明な行動です(笑))

この曲がドラマと重なり合って聞こえてきた時
多分私の音楽魂に火がついたんでしょうね(笑)
「来週も見てみたい」そう思わせたんだと思います。

何かに入り込んだ時私の頭は飛びます(笑)
私は「飛ぶ」と表現しましたが
よく言われる言い回しですと
「ガツーンとやられた」って感じですね。
自分がドラマを見ている事すら忘れて
その中に入り込んでいく感じと言えば伝わりますでしょうか。
ドラゴンボールで言えばスーパーサイヤ人状態(笑)
SEEDで言えば種割れしている状態です(笑)
自分がいなくなっちゃうようなそんな感覚です。

バンドサウンドに重なるストリングスの刻み。
淡々と流れて行く中にも燃え盛る躍動感。
叙情的なメロディーとのリフレイン。

「震えるぜハート!刻むぜストリングス!」って感じです(笑)

現在ドラマにBGMが付くのは当たり前になってますが
皆さんも恐らくご存知のジムノペティ等で有名な
近代音楽の作曲家フレデリック・サティが
「環境の音楽(BGM)」という概念を音楽に取り入れたのが
恐らくサウンドトラックの始まりだと思ってるんですが
それまで音楽は「じっくりと聴くもの」であった訳です。

それからどのくらいの歳月が流れたでしょうか。
今では基本的に殆どの媒体でも共通なのですが
ドラマ等のサウンドにおいては
「セリフ・BGM・効果音」という
この三つのハーモニーで音が構成されています。
それらを活かすも殺すもクリエイターの力量な訳です。

スポコンドラマ特有の青春臭さや熱さ。
そして若さ故の情熱とはかなさ。
このサウンドトラックはドラマを盛り上げるのに
十二分に貢献していると言って言い過ぎではないと思いますし
恐らくこの曲が掛からなかったら
自分はこんなにも盛り上がって
このドラマを見れたであろうか?と思っています。

そして地元に戻った選抜メンバー達が
繰り広げたインターハイでの試合。
千登勢先輩が足を負傷し
富士見VS明法女子戦付近から掛かるのが
もっとも印象的だった

「希望の丘」

「バレーに関わる人達へのリスペクト」として
躍動感、苦悩、試合中の緊張感、勝利への希望
を表現したというこの曲。
3分51秒の中に熱い魂が宿っております。
バレーのダイジェストとか
ドキュメントもので掛かったら
多分私は鳥肌を立てながら泣くと思います(笑)

2つの曲に共通するフレーズがあるんですけど
多分「希望の丘」が元になって
「Turning Point」ができたのかも!?
とライナーノーツから受け取れる感じがします。

明日は他の曲などの感想と共に
いよいよ最終回前夜祭となりますので
1人で盛り上げていきたいと思います(笑)
最終回が終わるまでこのブログの話題は
全部「アタックNo.1」だ!!(爆)

意見なら聞かんぞ~~(猪野熊笑)
熱さなら私も負けないよ!船越さん!(笑)




「アタックNo.1」 涙の最終回SP
attackno1.jpg

昨日「涙の最終回SP」と題した
総集編やってたんですけど見てました?
たまたまテレビ付けたらやってたんで
もうウヒウヒですよ(笑)

「来週最終回だからな~軽く宣伝かな?」と
思ってたら…アレ?歌までやってるよ?アレ?
いかん!!ビデオをセットせねば!!!(><)/
OHP行ってるのに全然見てなかった~(T_T)
って感じでした(^-^;;

1話から10話まで総集編と
後は最終回の見所…そしておまけ!(笑)

名場面ばっかりでとてもとても濃い総集編ですね(笑)
と言うか努君生きてるッ!!!(><)/
それに大沼キャプテン一杯出てるのッ!(萌笑)
おにぎり作ってる所はないんですけど
涙の退部届のシーンとか
ケガさせたおっさんへの抗議のシーンとか
メガホン持って応援している所とか
とってもとっても…イイっ!(*^_^*)
最近すがっちの舌っ足らずなセリフ回しも萌えです(笑)

そして1番知りたい「最終回の見所」
その紹介をあの猪野熊監督がっ!!!(笑)

猪野熊「鮎原のケガはどうなるんだ?俺も知りたい~」

とか言ってますよ(笑)

10話で見せてくれた予告より
ちょっとだけいろいろ見せてくれた感じです。

猪野熊監督から本郷に
猪野熊「指導者としての王道を歩め!」

かっこええ~~~~~!!(><)/

それと益々こずえの復帰が絶望的な感じです。

こずえ「なんか前より悪くなってる感じするんだけど…」
それに「復帰は絶望!!」ってテロップが出てるんですよ。
「!!」ですよ!「!?」じゃなくて…。

本当に最終回が余計に読めなくなりました(^-^;;

こずえ「私バレーやってて良かった」
ママと涙の電話シーンって感じなんですけど
このセリフとかもうヤバイです!!

最後の最後でこずえと猪野熊監督の会話をお届します。

こずえ「はぁ~(溜息)コートに戻りたいな~」
猪野熊「あぁ~(奮い立つ感じで)選手シゴキてぇなぁ~!」
こずえ「猪熊監督!本当に解雇されちゃうんですか?」
猪野熊「鮎原こそ、膝の具合はどうなんだ?」
こずえ「…………。(ちょっと笑ってる)」
猪野熊「その答えは…!」
こずえ「知っているんですか!」
猪野熊「フッハッハッハッハッハッハッハッハッ」
こずえ「実はさすがの猪熊監督も先が読めない
    涙、涙の感動の最終回
    6月23日木曜日9時です!見逃さないで下さい!!」

途中で上戸彩ちゃんとか笑っちゃってるんですけど(笑)
船越さんのノリには感動したッ!

本当に最終回はどうなるんでしょうかね~?
あ!そうか!!!!!( ̄□ ̄;)
多分こずえが背広着てヒゲ付けてサングラス掛けて

こずえ「監督の鮎原です。余計な事は言いません…頑張って下さい。」

タンタンタンタカ、チャ~ラ~ティ~ラリリラリラリ~♪
(↑上戸彩の「夢のチカラ」)

それで曲終わったら秋から
「アタックNO1.世界編」の告知ですよ!

絶対…ないな(笑)

勝手に希望しているだけですので
くれぐれも誤解のないようにm(__)m

とにかく最終回が楽しみで仕方がなくなって
とうとう我慢できずにサントラ購入致しました(笑)




「アタックNo.1」 猪野熊大吾役 船越英一郎氏インタビュー
attackno1.jpg

上の画像から行ける公式HPにて
猪野熊大吾役 船越英一郎さんの
スペシャルインタビューが掲載されました。

inokuma.jpg

ざーっと読んでみたんですけど
いやいやすっごく深いです!!
いろいろと誤解を生むキャラクターだった訳ですけど
猪野熊監督の考え方や生き方等
船越さんの口から語られてまして
ドラマで伺い知れなかった部分等語られてます。
かなり熱いですね。

「スパルタ教育は今は流行らない」とか
良く言われてますし、それのみと言うのも
少々違う感じもするんですが
これ読んじゃうと凄く納得しますね。

もちろんこれだけが正しいと言う訳ではないんですが
やはり苦しい時の「後一踏ん張り」と言う物が勝敗を分ける。
技術や体力の限界を超えた所で
もう1度撃たなければならない。
そして決めなければならない。
それを支えるのはやはり凄まじい精神力が必要な筈です。

強い世界とも戦って行かなければならないんですが
弱い己自身とも戦って行かなければならない。

私の尊敬するプロレスラーはこう言っています。
「リングには2人の敵がいる。1人は対戦相手の選手
もう1人は「ここで止めちゃおうかな」となる己自身」だと。

技術も体力も鍛えればなんとかなりますが
その鍛えるのにも必ず精神力が必要になってくる。
猪野熊的スパルタ追い詰め教育のロジックは
こういう所にあるのではと思いますね。
心技体全て必要なのはもちろんではあるんですけどね。

「熱いと言う事ではNO1かな?」と語る船越さん。
「青春の残り香」に触れると歳とか関係なく熱くなれる。
それが「若さ」に繋がっているのでしょうね。
インタビューの文面からもその熱さがにじみ出ています。

そして最終回でのトドメとは一体なんなのでしょう?
サスペンスとは一体???いやマジで楽しみっすよ!!!




機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第35話
seed_destiny.gif

アークエンジェルは落ちてませんでした。
まあ当然なんですけど(笑)
今回はちゃんと回収する所まで見せてくれましたね。
シ  ン「これで満足なんだろう?あんた達はッ!」
クルーゼ「いーや、何をやったとて無駄だ…。」
賛否両論がガンダム…頑駄無…がんだむぅ~♪(謎笑)

キラはカガリが回収したようです。
マリュー「あの爆発でザフトを騙せたとは思えんが…」
とでも言って欲しかったですかね(笑)
SEED120%で言われそうですね(笑)

スーパーロボット大戦の歌って
やっぱりJAMプロジェクトなんですかね?
コテコテな感じがいいっすね(^.^)

クルーに賞賛されるシン、挑発されるアスラン。
「アスラン、若いな…」って感じですが(笑)
アスランも「サンキュー!」くらい言う余裕かあれば
かなりかっこいいと思いますけど真面目ですからね(^-^;;
レイはもっともらしい事を言ってる感じですけど
自分も仇を撃てて良かったと思っているのは
クルーゼの描写が入りましたので
個人的な感情ではないのですかね?
それともクルーゼもザフトだから正しい?相対的に?
たまたま軍(と言うか議長)と意見や思惑があっているから
ザフトの総意として正しいとなっているだけで
ある種のラッキーさは否めないんですがね。
シンの態度に問題があると認めたならば
まずはそれを謝らせるべきでしょう。
その上でアスランに発言するのであれば
見ているものの殆どが納得するのでは?と思うんですが
敢えてそうしないのは、そういう意味だからですかね?
「見る目が変われば世界は変わる」
まあこういう場合怒った方が
負けなのよね~って感じですかね(笑)
強くなれよ!アスラン!!

フッ…私も少々感情的になっているな…(笑)

久しぶりのイザーク&ディアッカ登場!
いやいやイザークいいっすよ(^.^)
アスランといいイザークといい
吊られまくってますね(笑)
2人は似ているんでしょうか?
でも前はイザークもそっち側だった筈ですけどね(笑)

ロゴスを撃つ民衆達。
議長が言ったのはそういう者を絶ち切るって
意味らしいんですが、まあそういう風には
捉えられないでしょうかね(^-^;;
怯えるロゴス達ですが
ジブリールに助けを求めるだけで
自分では何もしないんですかね?
良くいますよね、自分では何もしないくせに
文句ばっかり言ってる人(苦笑)
ジブリールは何処へ行ったんでしょう?

無事だとわかっていても
その目で見るまではやっぱり心配しちゃいますね(笑)
キラはやっぱり無事でした。
カガリとミリィが掛け付けますけど
なんでミリィはカメラ持ってるんですかね?
キラへの取材ですか?(笑)
フリーダムを落とされて気落ちしているキラ。
ある意味SEEDの象徴でしたからね。
あそこからラクスとキラの戦いも始まった訳ですし。

そこへ絡んでくるネオ。
やっぱりフラガだよな…このセリフ。
「ほら食べろって!」って言ってるカガリ。
カガリのこういう所が好きなんだよな~
久しぶりに見れて嬉しいです。

ネ  オ「ムウ・ラ・フラガってのはなんなんだ?」
マリュー「戦友よ、かけがえのない…。」

なんかネオが記憶を取り戻すのは
こういう話を繰り返していて
マリュー達に感情移入してしまって
助けようとして…みたいな感じになるんでしょうか?
「俺はこうやって前に誰かを守った事がある」みたいな。
それで守った瞬間記憶が戻って
「やっぱ俺って不可能を可能に…」って言ったら
多分…泣く(笑)
まあどうなるのか楽しみですね(^.^)

デュランダル「旗だけ振って後は後ろに隠れているようなヤツに
人は誰も付いて来ないだろう?」
まさにその通りなんですけど
旗振るだけってのもそれなりに大変なんですけどね。

フリーダムを倒して「チェックメイトか?」となる議長。
しかしまだ白のクイーン(ラクス)の脅威を感じている。
議長が黒なのはもう当然だとしてもどういう黒なのか?
その辺がまだよくわからないと言うか
普通の黒であって欲しくないです。

「剣を取らせるには何よりその大儀が重要である」
この辺りからのタリアさんの気持ちを想像すると
やっぱり喜んではいないようですね。
タリアさんもいずれザフトから
離れて行く伏線でしょうか。
もう1人のフェイスは来週離れそうですが…(笑)

シンとアスランに議長から出頭命令が。
「最後のカードとなるか否か」ですか…。
議長から差し伸べられる握手に
シンとアスランの対比を良く描いてますね。
でもここは無難にしておく方が良いでしょう。

議長からシンとアスランに
渡されるデスティニーとレジェンド。
デスティニーがシンでしょうから
レジェンドはアスランですか。
しかしアスランはこれに乗るんでしょうか?
これがなんとかジャスティスならば
すぐに納得するんですけど
来週持って脱走するのか?
置いていってレイかルナが乗るのか…レイか?

ラクスはいろいろ準備してるだけでしたね。
ここになんとかフリーダムと
なんとかジャスティスがあるんでしょうか?
ラクスからキラとアスランに
渡すシーンがいずれあるんだとしたら
かなり燃えてきますね~!(^.^)

ついに来週は「アスラン脱走」ですね。
同じ事を繰り返しているように見えますけど
前作のSEEDとは明らかにアスランの
気持ちが違いますので、
表面的に見なければ同じではないでしょう。
誰だって道を間違えないとは言えませんし
善人だって人を殺す事はあるんです。
戦争という状況下でなくても。

「誰が決めたというのだ…何を!」
このセリフかなりお気に入りです(笑)

来週はメイリンのサービスカットですか?
メイリンはアスランの手伝いをするんでしょうか?

なんかあからさまに議長が黒くなってますけど
ひょっとしてわざとやっている?
しかし白のクイーン(ラクス)が脅威だとしている。
最後のカードはシンとアスラン?それともアスランだけ?
最後に議長をアスランが撃つ所まで計画していると
するならばトレーズとミリアルド的な感じになりますけど
それだったら何もキラを撃たなくても良い筈。
何故ならキラが議長を撃っても良いわけですしね。
それともただ議長自身を撃たせる事だけが目的でなければ
戦闘に介入してくるキラやラクスの存在が邪魔なのは確かです。
筋書き通りに動いてくれる相手ではないですからね。

まだ議長はどうなるのか読めませんね。

「アタックNo.1」OP&ED曲 アタックNo.1 2005/夢のチカラ
attackno1.jpg

個人的にもっとも盛り上がってるドラマ。
「アタックNo.1」のOP&ED曲の紹介です。

●アタックNo.1 2005/福田沙紀●

attack_op.jpg

「苦しくったって~悲しくったって~♪」
恐らくアニメもドラマも知らない方でも
誰でも1度は聞いた事があるのではないでしょうか。
ドラマの方で流れているのは割りと普通と言うか
2005年版って感じのロック調で納得できますけど
CDの方はアレンジが凄いです!(笑)

「ちょっとやり過ぎじゃない?(^-^;;」
って感じもしなくはないですが
高見沢俊彦暴れまくっております(笑)
「間奏は俺の時間だ!」と言わんばかり
変拍子バリバリ速弾きバリバリです(笑)
1番終わった辺りが凄いッ!(><)/
ドラムとか笑っちゃいますよ。
一瞬ドリームシアターかと思います(笑)
細かい好みで言えば
途中のギターソロのハモリの部分は
もっと派手でも良かったんじゃないですかね?
派手と言っても速弾きとかじゃなくて
アーティキュレーションと言うかフレーズ自体というか
半ミュート気味の小気味の良い感じで最初やって
その次からは弾き倒せ!みたいな感じと言ったら
伝わりますでしょうか?
と言うか…感想がマニアック過ぎですか?(笑)
正直ここまでやってくれると気持ちがいいです!
と言うか…羨ましいです(笑)
ネタでやりそうなコピーバンドとかいそう…(笑)
久しぶりにヘッドバンギングとかしたくなります(爆)
マジで感動した!(笑)

この部分本編でも使ってくれないですかね?
もちろん使うのは必殺技シーンですよ!!
世界戦で激しい攻防が続く中
(ここの辺は変拍子とギターソロ部分)
あり得ないくらいの跳躍力で飛ぶこずえ(笑)
体育館なのに何故か宇宙まで飛んでで(笑)
(ここの辺からギターのハモリ)
ジャッキー・チェンもタジタジの空中海老反り姿勢で(笑)
ボールとか3回くらいカメラ切り替えて(笑)
手から炎とか出て(笑)
(ここの辺からシンセが入ってくる部分)
ボールとか物理的に不可能なくらい曲がって(笑)
相手選手の横を光より速く駆け抜けて(笑)
気がついたらコートでボールが回転して(笑)
床できゅるきゅるきゅる~~とかなってて(笑)
審判も笛吹くの忘れて観客も皆ポカーン…みたいな?(笑)
見たい!見た過ぎるよっ!!(たま笑)
フォォォォォォオオオオオオオオ!!!!!!!!!!

なんかFFの召喚魔法みたいだな…(笑)

歌っているのは福田沙紀ちゃんという子らしいですが
これがデビューなんですかね?
14歳と言う年齢を聞いてまずその若さにビビリます(笑)
PVの方もちらっと見た事ありますけど
振り付けとか凄い事になってますよね(笑)
と言うか…間奏部分って踊れるの?(^-^;;
変拍子で踊るの見てみたいです(笑)
歌の方は堂々とした感じで良いと思います。

「アニメタル」とか好きな方は聞いてみると
いいんじゃないですかね?(笑)






●夢のチカラ/上戸彩●

attack_ed.jpg

ED曲はOPとはうって変わって曲勝負の印象です。
高見沢俊彦のもう1つの顔と言って良いでしょう。
OPのようなある意味ふざけたアレンジもできますけど(笑)
ALFEEは曲が良いんだなというのが再認識できますよね。
話が古くて申し訳ないですけど(^-^;;
小泉今日子に提供した「木枯らしに吹かれて」とか
凄くいい曲でしたよね。
間奏のマーチ風アレンジもその曲を彷彿させます。

上戸彩の歌って聞いたのは始めてかもですけど
かなり綺麗な声してますし歌も上手いと思います。
詩がかなり前向きな感じで
鮎原こずえ的ポジティヴさが
上戸彩の綺麗な声と重なって
基本的に詩とか聞かないタイプのえるぼでも
割りとすんなり入ってくる感じです。
別に詩を軽視しているという意味ではなくて
曲のアレンジとかに耳がいってしまうんですよ(^-^;;
これはもうクセみたいなもんです(笑)
ノスタルジックでもあり、前向きな詩ですから
未来への希望みたいな印象もあり
ドラマの内容と重なってなんとも言えない気分になります。

カラオケとかでも人気でそうですかね。
ただキーが少し高い感じもしますので
歌い易いかどうかはわかりませんけど
メロディーはとても歌い易いと思います。
とにかくいい曲なのでオススメします!

「アタックNo.1」 第10回
attackno1.jpg

改めて召集された選抜チーム。
そして世界ユースに出場が決定した事で
猪野熊監督「優勝しろ!」

怯むメンバーの中でこずえが真っ先に
「絶対やります!必ず優勝します」と。
その後みんなで「優勝します」と言うんですが
ちょっと学芸会っぽいノリが…(笑)
まあこういう所も含めて好きなんですけどね(^.^)

最近こずえもいいなと思うようになってます(笑)
でもいわゆる「萌え~♪」とは違う感情です。
そうこれはあの「ごくせん」のヤンクミに通じる
キャラクターかなと思います。
ポジティヴなんです。
怖さや不安を強さに変える力を持っている人です。
きっとえるぼはこういうキャラクターが好きなんでしょうね。
真っ直ぐな瞳が凛としていてとてもいいです!

なのにそれを聞いてニヤける監督(笑)
ここで目とか「(-_☆)キラーン」って光ってもいいですよね?(笑)
目と目で会話可能ッ!(笑)

猪野熊監督に相談に来る本郷コーチ。
本 郷「チームプレイに徹する事ができない選手は必要ない」
猪野熊「一生懸命やっている人間に「帰れ」と一言言う事が
どれだけ辛いかお前にわかるか?」

え?辛かったの?(^-^;;

大会のメンバーが発表されました。
大体主だった所が選ばれたのですが
「2セッターで行く」と言う事で
三条さんとさとみが選ばれました。
いまいち2セッターとかよくわからないのですが(^-^;;
元々セッターであるさとみ1人では力不足と判断され
本来アタッカーである三条さんもセッターになり
2人共動揺しプライドど甘えに葛藤しています。

お!これはっ!!!!
あの変化サーブっ!!!!!!
なのに本人は気付いていない様子。
ここで番組の途中ですが(笑)
「いきなりそんなの見せられてもね~」と思ったあなた!
まあ最初の方にやってた訳でもないんですが
実は先週の第9回。
努君の死を乗り越えようと必死に練習するこずえのサーブ。
暗闇で見えにくいんですが、変化していたんです。
ビデオ等お持ちの方はもう1度見てみましょう!
では感想に戻りますが
「まるで木の葉が落ちるようやね!」
って事でこずえの必殺技は
「木の葉落とし」に決定でしょう!
なんか少林サッカーで主役が
1人黙々と壁にボール蹴ってるのを思い出しましたね。
ニヤニヤと鳥肌が立ってきますね( ̄ー ̄)ニヤリッ

猪野熊監督が緊急記者会見で問題発言を!
「全員優勝できなければバレーを止める」

「そんなの傲慢ですよ!」という本郷に
選抜メンバーの所に連れていく猪野熊監督。
「私達の人生勝手に決めないで下さい!」とか
いろいろ言われる中で一喝!
猪野熊「昨日俺の前で絶対優勝しますと言ったアレは嘘かぁ?」
こずえ「嘘じゃありません」
猪野熊「だったら何も問題はないだろう?」
契約書はちゃんと読んでサインしましょう(笑)
認めたくないものだな…。
自分自身の若さ故の過ちというものを…。(シャア風)
そんな大人修正してやるっ!(カミーユ笑)

「もし負けたら」となるみんなに対して
「負ける事なんて考えるな」という猪野熊監督。
以前アントニオ猪木にインタビューした人が
内容はちょっと忘れましたけど
多分「負けたらどうしますか?」とか
そんな内容だと思うんですが
「戦う前から負ける事など考えない」
とか言って殴られたという事があったんですけど
そんな事を思い出しましたね。
「なんで?」となるそれぞれの演技の中で
三条さんの昼ドラで鍛えた演技が気になった人は
私だけではないはずだ!(笑)

いや~いいね!こずえ!!誰よりも先に
「とにかく私はやります!
勝つためにここにいるんですから!」
熱い…あんた熱過ぎるよッ!(><)/
目と目で会話可能してみたいです(笑)
取り敢えず全員一晩考える事に…。

こずえが足が痛くて倒れる所なんですが
これ!すっげー!いい音!!
効果音やるじゃない!
ギターのコード音とガラスかなんか割れた音の
組み合わせって所でしょうか?
なかなかドキッとするいい音でしたよ(^.^)

そんな中さとみが不安になっていきます。
こずえが励まして納得した感じだったんですが
えー!!!!!!!!!!!?(^-^;;
さっき涙ながらに頷いてたのに帰っちゃうの?(^-^;;
だったら「ごめん、もう少し考えさせて」とか言って
終わってればいいかなと思うんですがね。

一晩明けて体育館に行くこずえ、みどり、八木沢さん。
「あれ?この音?」と気になって体育館に行ってみると
殆どのメンバーが練習していました。
でも「さとみ!?」って思いませんでした?(^-^;;
昨日の流れだとそう思いますよね。

記者陣を交えての練習。
また足を気にするこずえに猪野熊監督の目が光る!(笑)
「どうした鮎原?見せてみろ」
奥底に光る目は一流って事ですね。
でもここで猪野熊監督自身が
抱きかかえて連れって行ったら
かっこいいのにな~と思ったんですけどね。

急いで病院に担ぎこまれたこずえに
「バレーは今すぐやめて下さい」との宣告がされます。
掛け付けるこずえママに丁寧な猪野熊監督の挨拶。
意外と普通ですね(笑)

合宿に戻ろうとしているこずえを
止めるこずえママ。
今週の泣き所はここですね!
本気で何かをやろうとしている人間が
味わう本当の挫折。
この時代のお話には本当に
苦節という言葉が似合いますね。

選抜メンバーにもこずえの病状が伝えられる。
典型的に雷が鳴っちゃてますが(笑)
1人途方にくれるこずえにさとみが見舞いに!
選抜に戻るというさとみがこずえに光を!
「手術はするの?(中略)リハビリして
ジャンプ力アップした人がいるって…」
なぁ~にぃ~?(猪野熊風笑)
これも必殺技への布石か???

早速先生に質問するこずえ。
「絶対にダメとは言えませんが…。」

「若いって事はそれだけで財産だ。
例え1%しか可能性がなくても
それに掛ける事ができる。
我らの娘が行こうというのだ…。
行かせてやろうじゃないか!」

このセリフにピーンと来た人は
恐らくお1人いますね?( ̄ー ̄)ニヤリッ
垣ノ内さんと同じ地域の方だと思いますが…(笑)

ちなみにこれは「さよなら銀河鉄道999」の
パルチザンの老兵のセリフです。

猪野熊監督の手から選抜メンバーに
ユニフォームが渡されます。
「お前らの舞台は世界だっ!」
それに応えるメンバーですが
監督にお願い事をします。

こずえのお見舞いに来たみどり。
今度は選抜メンバーからのメッセージ入り
ボールが渡されます。
そして…選抜のユニフォーム。
ナンバーは…1!
間違いない!エースだっ!!(サンダース笑)
鳥肌立っちゃいますね~(><)/

「バレーやりたいよ」と訴えるこずえ。
励ますみどりとそれを影から見ているこずえママ。
次の日先生に手術を頼むこずえとママ。
「苦しい戦いになりますよ」
こずえの目に光が戻ります。

こずえの為にも頑張ろうとする選抜メンバー。
三条さんの「一本集中!」が熱いです(笑)
手術に向かうこずえ。
今日はここで曲が掛かりましたね。

歌の中八木沢3姉妹の三位一体攻撃!
あれはまさにジェットストリームアタック!(笑)
絵的に見たかったのはこの絵です(笑)

努君の手術と少しダブリますね。
風に揺れるユニフォームは何を語るのでしょうか?

次回予告。
リハビリしているこずえ。
猪野熊監督が解雇?
「ここに戻ってくるのは無理だ」とは誰?
そして皆さんお待ちかねの大沼キャプテンが!

来週はいよいよ最終回。
どんな風になるんでしょうかね~(^.^)

番組の最後にDVD化決定の告知が!




「君のぞらじお」 WEB版 第11回

kimiraji.jpg


感想書くのがギリギリになってしまった(^-^;;

●君のぞらじお 前半●
今日は栗林みな実ちゃんの誕生日お祝い放送。
って今日聞いてるのでもうとっくに過ぎてますが(^-^;;
29歳になったそうです。
若い29歳だと思いますね。

なんか真面目な話してますね。
1年前と違う所と
「昔よりは自分の意見が言えるようになったこと」
きーやんとか凄く深い事言ってますね。

ワイルドで踊りながら歌った事。
これすっごく見たいです!
実は栗林みな実という人の動いている所を
まだ見た事がない時。
踊りながらキャピキャピ歌ってくれるんじゃないかと
勝手に妄想してたんですが(笑)
全然違ったんですよね。
割りと普通って感じだったです。

アカマニを全部購入した方には
シークレットライヴにご招待?
というのがあるらしいです。
いろんなサービス付いて来ますね~
売りたいんでしょうかね。
まあそうなんでしょうけどね。

今回の曲のリクエストは
「スクールデイズ」から「あなたがいない」でしたが
これは初めて聞く曲なんですけど
是非聞いてみたいと思ってましたが
結構力強いバラードですね。

きーやんがやっている1人大切り。
ついにリスナーから「中止して欲しい」とのメールが!
一緒に笑っている人の笑い方もキモイとか
ボロクソ言われてしまいました(^-^;;
「これかなり凹むな~」って言ってましたけど
声の印象からかなり凹んでると思われます(^-^;;
いつもより張りがない気がしますね(笑)

まあそう言いたい気持ちもわからないでもないですが
えるぼは結構好きですけどね(笑)
と言うか、きーやん!!
さっき自分で言ってたじゃないかっ!
「こういう仕事やっている以上
こっち側の譲れない拘りみたいなのをぶつけて
どこか妥協点を探ってく作業だったりするじゃん。
生きてくことって!」
って言ってるじゃないのさっ!

でも直に「中止」とか言われると確かに凹みますよね。
まあ世の中にはいろんな人がいるのでね。
受け身の取り方で凹み方も変わると思いますので
めげずに頑張って欲しいと思います!
がんばれ!きーやんっ!(^○^)ふぁいと!!
えるぼもメール出そうかな?
「たった1通の励ましメール(爆)」
やっぱり面倒臭いからこれ読んで!(笑)

受け身の天才になりたいえるぼです(笑)

●らじお すかいてんぷる●
「男は度胸、女は豊胸!」ってこれ名言だ!(笑)
例のチチ好きな人達に教えてあげようかしらん?(笑)

スロッターの女の子に出会ったら
「吉宗、北斗は辛いよね~」とか言うと
「こいつ知ってる!」になるらしく(笑)
女の子と話が繋がるとか言ってますけど
えるぼはあまり参考にならないかと思います(^-^;;
そうじゃなくてもえるぼはきっと話せますよ~
「真の会話」とはもっと違う所にあるかと思うんです。
特に趣味のある人との会話はし易いと思うんですね。
「普段は何もしない~」と言う人で
自分から話さない人が一番話しにくいです(苦笑)

人生相談のコーナー
今回は禁煙したい人の話。
「1日2箱半吸ってる人が果たして止められるの?」
と言う疑問はさておいて(笑)
最近は本当に喫煙者にとっては
吸いにくい世界になったかなと思いますね。
まあ車通勤ですし、家でも吸ってますし
えるぼもにとってはあまり実感がないんですが…。

対決すかいてんぷるのコーナー。
今回の議題は「未来と過去、どっちに行きたいか?」
なんですけど、なんか調度タイムリーな話?
「マブラヴ オルタネイティヴ」もそうですし
「アインシュタインの相対性理論」もそうなんですが
どちらかと言うと未来に行く方が簡単みたいですよ。
まあそれも普通に考えたら難しいんですけど(笑)
比べると「未来へ行く方が簡単かも!?」と言う事です。
いずれお話しますが待てない人は自分で調べて下さい(笑)

正直どっちに行きたいか?と聞かれても
どっちに行きたいかわかんないですね。
自分の未来とか過去より
歴史上の有名な人物に会ってみたかったり
未来にはガンダムみたいなのがあるのか?とか(笑)
人類はどこまで進化できるのだろうか?とか
そういうのは見てみたいとは思いますけどね。

●君のぞらじお 後半●
今週の谷山紀章。
かなり方向音痴なきーやんだそうですが
仕事先に行くのに渡された地図がわからなくて
迷ったらしいんですけど
それでイライラして仕事にまで引きずってしまった事を
反省してましたね。
気持ちはわかるんですけど、えるぼはこういうタイプは
あまり理解できないと言うよりしたくないタイプです。
自分自身で後悔するのもイヤですし
何より周りが迷惑するんですよ(^-^;;
イライラして物事が解決するんですかね?
と言いたくなってしまうんですが
まあそれをほおって置けないって人も
世の中にはいるらしいです(笑)

ここで気になっているセリフをば。
ザビーネ「感情をコントロールできない人類は
ゴミだと教えたはずだ!」

まあここまでの極論には至りませんが(笑)
できるだけ不愉快にはなりたくないので
そういう意味でのコントロールはしているつもりです。

今回はみな実ちゃんの誕生日なので
「似顔絵を描く」というたかはし画伯にとっては
とっても辛い企画(笑)
本気でイヤそうな声出してますかね(^-^;;
ある意味イジメだよ…これは…(笑)
みんなもノリノリでイジメモードですし…(^-^;;
でも今回はいい方じゃないですかね?
完全にネタ扱いされてますけど
影で相当努力してるとみました!智秋さん。
えるぼは絵はあまり描かないのですが
(ドット絵くらい描きますけど(笑))
描けば絶対上手くなるはずだと思いますので
頑張って欲しいものです。
この番組が続く限りいつか絶対上手くなりそうです。

最後のジョイさんの訳のわからん歌が凄いです(笑)

「君のぞらじお」の曲↓


「らじお すかいてんぷる」の曲↓


OVAアカネマニアックス第1章↓


OVAアカネマニアックス第2章↓


OVAアカネマニアックス最終章↓
物理の勉強 第1回「エヴェレット解釈とシュレーディンガーの猫」
WYP2005-UN-version.jpg

今年は「世界物理年」だって知ってましたか?
えるぼは今日ヘキサゴンを見て知りましたが(笑)
実は気になって少し勉強しているんです。

今からおよそ100年前
かの有名なアインシュタインが
現代物理学へのジャンプ台となった
5つの画期的論文を次々と発表し
その年は物理学にとって「奇跡の年」と
呼ばれることになったそうなんですが
今年は調度100年目。
だから今年は「世界物理年」なんだそうです。

「物理って?もののことわり?何それおいしいの?(白銀武)」
って感じもなくはないですが
「マブラヴ オルタネイティヴ」体験版にて
夕呼先生が言っていた
「エヴェレット解釈(多世界解釈)」って
一体なんなんだろう?とずっと気になってまして
インターネットには様々な物が載っていますから
凝りもせずまた調べてみました(笑)
やっぱりこういうの好きなんでしょうね(^-^;;
頑張って勉強してみたいと思います。

実は最初勘違いして「エベレスト解釈」と検索して
何も出て来なくてガッカリしたのはとても内緒です(恥笑)

マブラヴに登場するキャラクターの
香月夕呼先生は物理の高校教師なので
物理学の理論である量子力学も出てきます。
「霊子力学」だとサクラ大戦になるんですかね?(笑)

量子力学においては
「状態は確率でしか表現されえず
むしろ様々な状態の重ね合わせである」
とされてるみたいです。

この一見理解不能意味不明のような考えを
物理学者のエルヴィン・シュレーディンガーという人が
思考実験を用いて示したものがありまして
その猫を「シュレーディンガーの猫」と呼ぶそうです。

だから築地は犬じゃなくて
猫なんだと、ふと思いましたね。
マブラヴだと「香月夕呼の猫」って所でしょうか?(笑)
それとも「香月夕呼の築地」?(笑)

まあそれは置いといて…。

どんな実験なのかというのを簡単に言いますと
猫を箱に入れておいて
それと一緒に放射性物質のラジウム
粒子検出器、更に青酸ガスの発生装置を入れておく。
このラジウムというのが反応して
アルファ粒子というのを出ると猫が死ぬ。
出なければ死なないって事なんですけど
要は確率のお話な訳ですね。

ちなみに思考実験というのは
実際に猫を入れて行う物理的な実験ではなくて
頭の中だけで行う実験の事だそうです。
いろんな妄想(想像?)があって面白いですよね。
これだと動物なんちゃら協会から
クレームも来なさそうです(笑)

要は猫が箱に入る前の状態は
生と死の重ね合せな訳なんです。
我々も同じ状態な訳ですね。
簡単に説明致しますと
「人間いつ死ぬかわからない」って事です。

ですが箱に入った時点でそれが
「完全に死んでいる状態」と
「完全に生きている状態」となる訳です。
それがシュレーディンガー方程式。
つまり決定論的に変化するって訳です。

さてここからが本題です。
問題はそれを見ている人
つまり観測者がいるのか?いないのか?
と言う事なんですけれども

観測者がいた場合
「常に生きている状態」と
「死んでいる状態」のどちらかになりますね。

観測者がいない場合。
例えばこの実験を始めてすぐに人類が滅亡したとします。
誰も結果を見る事も記述する事もできなくなります。
つまり箱の中の猫は「完全に死んでいる状態」と
「完全に生きている状態」が重なり合っている状態なのだと。

これと似たような話を昔心理学の本で読んだ事があります。

「ジャングルの中で大木が倒れたとします。
果たしてその時に音はするのかどうか?」

というものなんですが
「するに決まってるだろ!」と普通は思いますよね。
でももしその時誰もそれを聞く事ができなかったとしたら?
それを証明する事なんて誰もできないんです。
いや正確に言うとすれば
「問題は音が鳴らないかもしれない」と
思わせてしまう所にあると思えます。

さて本題に戻りますが…。

解釈としては「コペンハーゲン派の解釈」と
「エヴェレット解釈(多世界解釈)」というのがあります。
簡単に言いますと観測者を特別視した見方が
「コペンハーゲン派の解釈」で
観測者もそれに含めた解釈が
「エヴェレット解釈(多世界解釈)」みたいです。
夕呼先生が言ってたのは後者なのですが
簡単に違いを見ていきます。

コペンハーゲン派の解釈だと
「生きてる!」って観測する状態と
「死んでる!」って観測する状態とに
完全に分かれる。
つまり1つの状態に収縮し
結果が出るという事ですね。

それがエヴェレット解釈だと
その観測者も記述に含めようという所が
コペンハーゲン派の解釈との
考え方の違いな訳なんですが
上記の様に要は箱に入れ様が入れまいが
猫は常に生と死が隣り合わせの状態である事に変わりなく
この実験の観測によって
死んでいる猫と死んでいない猫を
観測する観測者の重ね合わせた状態に移行する。
つまりゲームっぽくいうと
分岐して選択肢が出るって事です(笑)
その結果「生きている猫を観測した観測者」か
「死んでいる猫を観測した観測者」が残り
つまり観測するまではどちらになったのか
それを知る事はできないという物です。

問題は猫が死ぬかどうかではなくて
そういう解釈がある
それが「他世界解釈である」って事ですね。
ゲームではよくある世界ですけどね。

しかし我々人間にはどちらか1つの道しか
基本的には行く事ができない。
「我等は選びただ辿る…(クルーゼ風)」
人生にも欲しいリセットボタン?
だからこそ人生は面白い?

なんとなくわかったようなわからないような感じですが(笑)
更に次回は「時空を超える」為の
「アインシュタインの相対性理論」の勉強をします。

勉強しているだけで理解できているかは内緒です(笑)
あ~たし、さくらんぼ♪
たまには日記でも書きます(笑)

最近ネットでフラフラしているんですけど
ターンエーのプラモがようやく再販!
999のプラモも再販するみたいですね。
これは絶対に買いたいです。

それとコピー曲だったり
オリジナル曲とかを作っている方の
作品を聞いたりしてちょっと熱くなってます(笑)

なんか久しぶりに曲作りたいですね。
どんなのがいいかなぁ~と考えてるんですが
何故か今まで良く知らなかったのに
急に頭の中で流れたのが…

「あ~たし、さくらんぼ♪」

これ凄く流行ったんですよね?(^-^;;
誰が歌ってるかすら今日まで知らなかったんですが(笑)
大塚愛さんですね。

ちゃんとフルで聞いてみたんですが
なんと言うか「おもちゃ箱を引っくり返した」ような曲ですね。
コードとかメロディーとか凄くシンプルなんですけど
(アレンジは結構木目細かいですけど)
なんでこんなに耳に残るんでしょうかね?
「あ~たし、さくらんぼ♪」って歌詞も印象的ですしね。

こういうのは書くの難しそう…(^-^;;
何が出てくるかはわかりませんが
出来ましたらご報告します。

SEED120%! 第18回
flets_destiny.gif

アスランの戦闘力に疑問を持ち始めた出だしのトーク。
アスランは強さじゃなくて優しさだと言ってましたけど
そう!いろいろ考えるとヘタレるんですよ(^-^;;
ファンの方ごめんなさいm(__)m
だから最近アスランの気持ちがわかってしまうので
応援しています!

こちらでも逆襲のシャアネタがやってましたね。
「アムロ・レイは優しさが
ニュータイプの武器だと勘違いしている男です。
女性ならそんな男も許せますが…。」
というナナイのセリフ。
こちらはニュータイプではなくて種割れですが
なんかちょっと残っているセリフです。

ちなみに番組で言ってたのは
議長って裏で悪い事やってるんじゃない?の話で
「私はあこぎな事をやっている、近くにいるならこの私を感じてみろ!」
「貴様程の男が器量の小さい!」の方でしたけどね。

●メール紹介コーナー●
いろんなメールが届いているようですが
かなり鳥海さんの話も話題になってますね。
「夜のコーディネーター」の話は聞いた事がないんですけど
あまりの知識のなさっぷりはホント面白かったので
是非是非また超再放送に出て欲しいですね~!

後はアウルとトダカ一佐の追悼式典を
やって欲しいとの声も多い中で
なんとトダカ一佐役の声優さんが
超再放送に登場が決定したそうです!

●DESTINYで超再放送●
今回は15話「戦場への帰還」
アーサー役の高橋広樹さんとメイリン役の折笠富美子さん。

DESTINYでの声優さんのイベントの話から
やっぱりイベントでは「キャー!」という
黄色い声援が飛んでいるようですね。
ちょっと聞いてみたい…かも(笑)
いろんな意味で怖いけど…(^-^;;

アスラン役の石田さんは
なんでもイベント以外では真面目な感じなのに
イベントになると大ボケキャラになるとか?
超再放送くらいしか聞いた事ないんですが
仕事では真面目な感じなんですね。

実はえるぼがメイリン好きなのって
折笠さんの声が可愛くて好きなんですけど(笑)
「Aパート始まりました!いぇい!」は…萌えた(笑)
やっぱり田中さんのテンションの高さは異常なんですね…(笑)

鈴村さんの話をしてまして
結構雑学王とか引き出しを一杯持っているとか
さすがシン・アスカだとか…(笑)

声優さんは芸人ではないので
笑わせる必要はないのですけれど
やはりイベントに行くと
そういう要らない魂が目覚めるとか…(笑)
まあ気持ちわかりますけどね(^-^;;

保志さんはイベント中本当に寝てるそうですね。
収録中でも寝てるそうですけど凄いですね(^-^;;
しかも頭の上に蜘蛛の巣まで張ってたとか?
えるぼも会社で寝た事ありましたけどね。
1回じゃなく何回か…(笑)

折笠さんはエレクトーン弾いてたらしいですね。
いや~イメージピッタリですね!
図書館とか行って本とか読んでたり
犬の散歩とかしてるのも合いそうです。
洋服は白か水色ね!(爆)
清楚なお嬢様のイメージ当てはめ過ぎですか?(笑)
いいじゃん!妄想なんだから!!(笑)

高橋さんはギターやってたらしいので
2人でバンド結成!?
進藤さんがボーカルにお願いするとして
後は募集だそうです(笑)

アーサーはブリッジで座る場所がないとか?(笑)
だからいつもメイリンの後ろに立ってるので
「たまには構ってよ!」という高橋さんに
「気が向いたら」と帰す折笠さん(笑)
艦長も忙しいから相手してくれないとか
かなり嘆いてますね(笑)

ブリッジが下がった時以外アーサーの席は出てこない
だから普段は居場所がない。
じゃあなんで普段も立ってる?という疑問に
「いろいろ動けるように…こまづかい(笑)」
意外と酷い事言いますね、折笠さんは(^-^;;
可愛い声で「副長なのに…。」とも…。

タリア役の小山さんは本当に艦長さんみたいな感じで
厳しくもあるけどいろいろ若手達に気遣いがあるとの事。
池田さんが事務所の大先輩だという折笠さん。
「君、頑張ってるね!」とあのいい声で
言われてしまいましたと
凄く嬉しそうに言ってました。
そりゃ~あのいい声で言われたらたまりませんよね(笑)
何故か折笠さんは名前で呼ぶクセがあるんですかね?
健一君と真綾ちゃんとか秀一さんとか呼んでます。

カガリが結婚式で連れ去られるシーンで
「折笠さんも連れ去られてみたいですか?」
と聞いた高橋さんの方に逆に
「連れ去ってみたいですか?」と聞く折笠さんでしたが
「俺はこんなシチュエーションにはならない!」と断言。
結婚式に奪い来る時点で既に「負け犬」って事だから
逆に花婿で「お前には渡させねーぜ!」って
言うそうですけど、なんか凄いかも!

じゃあその「渡さねーぜ!」の人は
DESTINYのキャラだったら誰なのか?聞かれて
艦長はお姉さん的存在で
ステラは儚げ過ぎてと
いろいろ迷った挙句ラクスと解答。
出るとこ引くとこちゃんとわかってる
内助の功的な所がいいみたいです。

折笠さん「誰が好きだとか良く質問されません?」
高橋さん「アーサーあんまり取材されんから」
…おかし過ぎ(笑)

ちなみに折笠さんはアーサーがいいそうです。
最初のこの番組のインタビューでも
確か気になる人で挙げてましたね。

次回はストーリーダイジェストと
トダカ役の一条さんとアマギ役の千葉さんの
オーブ軍人トークだそうです。
機動戦士ガンダム「逆襲のシャア」 オリジナル・サウンドトラック
gyakusyuu.jpg

会社の帰り道にツタヤがあるのを
教えてもらったんで行って来ました。
今まで聞きたくても聞けなかった物が
結構いろいろありましてウキウキです!
ツタヤッ!ツタヤッ!(←スタッカートするコールです)

いろいろ借りてきたんですが
まずはこちらからご紹介です。
サントラ聞いてるとセリフがスラスラと頭の中に出てきます(笑)
皆さんはどうですか?出てきます?
もし宇宙に行けたとして1人で自由に操作できる
乗り物があったら絶対言うね、夢だもん!(←バカ笑)
「地球は青かった」も言ってみたいですけどね。

「何故こんな物を地球に落とす?」
「私シャア・アズナブルが粛清しようというのだ!」
「行け、アクシズ忌まわしい記憶と共に!」
「人って自分は変わろうとしないのに、相手だけは変えようとする」
「ニュータイプだ強化人間だって艦隊の足を止められなけりゃさっ!」
「大尉がいないんだから!」
「落っちろ!落っちろ!落っちろ!」
「子供は嫌いだ!図々しいから!」
「フィンファンネルで勝てるさ。」
「私はあこぎな事をやっている、近くにいるならこの私を感じてみろ!」
「ナナイ!男同士の間に入るな!」
「たかが石ころ1つニューガンダムで押し出してやる!」


キリがないのでこの辺にしますが(笑)
そのまんまキャラのセリフで受け止めるのではなく
自分の身の回りに当てはめてみると
結構ハッとする事が多いですよね。

そんなセリフの中で下記の2つのセリフが印象的ですね。

アムロ「貴様程急ぎ過ぎてもいなけりゃ、人類に絶望もしちゃいない!」
シャア「地球に住む人々は自分達の事しか考えていない
     重力に魂を引かれた人々だ!」


えるぼに取っては「重力に魂を引かれた人々」というフレーズは
この作品が初聞きだったりするんですよ。
割りとZは最近見たのでかなりの衝撃でした。
そしていろいろ考え過ぎると人類に絶望しますのでご注意!(笑)
でも考え過ぎたその先でアムロのような考えになれるなら
少しは強くなれるかもしれません。
ある意味もっとも真似してみたいかっこいいセリフを
沢山持ってるガンダム作品ですね。

セリフの話はこれくらいにして…(^-^;;

ガンダム作品では割りと馴染みのある三枝楽曲。
富野監督もお気に入りの方なんでしょうかね?
メインテーマが物凄い良いメロディーで
賛歌的な感じがしますよね。
曲全体が劇伴的手法で製作している感じがしますので
より自然に聞こえる印象があります。
ちなみに「劇伴」って言うのは
映像を見ながら伴奏をする事です。
つまり「取って付けた感」がなくなるとも言えますかね。
「めぐりあい宇宙」もまさしくそれ!
あれと似たような雰囲気があります。

TMネットワークの主題歌も懐かしいですね。
当時ガンダムからは離れてたんですが
この曲だけは聞いてましたね。
当時は確かレコードで売ってませんでしたっけ?

残念なのは劇中でこのメインテーマの歌詞付きの
歌が入っていない事ですかね。
あの列車の中で歌っている曲ですね。
是非歌詞カード付きで入れて欲しかったです。

細かい所で言いますと、ティンパニロールとか
録る人によってか?演奏者によってか?
ティンパニ自体のせいなのか?
それらがいろいろ絡み合うからか?
いろんな音があるんだな~と思いました。
まあティンパニに限らずそうなんですけどね。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第34話
seed_destiny.gif

議長の宣言に賛同するプラント評議会。
そしていよいよアークエンジェルがエネミーとして
ザフトから撃たれる事になっちゃいました。
「エンジェル・ダウン作戦」ですか…。

そういえばガンプラの宣伝に出てた
なるみちゃんとかは
どこへ行っちゃったんでしょう?(笑)
結構好きだったのにな~

議長はロゴスを撃てと言ったのに
アークエンジェルを撃つとしているのは
やはり邪魔だからなんですね。
アスランもタリア艦長も気持ちは同じようですが
もう止める事はできないと。

シンとレイの目配せが嫌らしい感じですね(^-^;;
シンはともかくレイは…。
やっぱり狸さん絡みって事なんですかね。
あの遺伝子がそうさせるのか…?

「時が経てば人も状況も変わる」
まあそれはそうなんですけどね~(^-^;;
そういう問題なのかな?という気もしますし
アスランは何一つ変わってないと思いますし
ザフトが正しいと思ったから
ザフトに入ったと言うよりかは
連合がおかしいからザフトに入って
自分でもできる事があれば手伝うって事だった筈ですけど
艦長はその事は知らない訳ですね。

でも今は「ザフトの軍人でしょ?」って言われたら
言い返せないのは仕方がないとしても
ああいう言い方はないんじゃないですかね?(^-^;;
それともタリアさんも悔しいって事ですかね?

シンとレイの会話にキョトン顔のルナマリア。
今の所ルナマリアはあの会話を聞いてるせいからか?
アスランの事が好きだからか?
それとも元々そういう性格なのか?
気持ちはアスランと同じなんでしょうね。

ついに作戦に合流したミネルバ。
そしてザフト軍のエースも発進。
タリア艦長からアークエンジェルに打電。
う~ん…さすがフェイスと言うか
今できるのはここまでって事ですかね。

それに応えようとしたかった
マリューさんとカガリでしたが
キラの一声で「逃げろ」と。

礼には礼をもってと言う事で
マリューさんも打電しますが
タリアさんは知ってたんですね。
「気持ちは同じ」なのでしょうけどね。
辛い所です。

そしていよいよ始まってしまった
シンVSキラ。
そして動揺するアスラン。
フリーダムを分析したレイ。
勝負はシビアって事ですね。
クールと言えばクール。
フェアじゃないといえばそうですが
スポーツじゃないですからね。
なんとも言えない気分です。

盾を使って反射させる攻撃はなかなか凄い!
本気のシンにさすがのキラも苦戦してますね。
コアスプレンダーでの突撃は
普通だったら逆にやられそうですけど
まさに対キラ戦術。
パーツ交換といいインパルスの性能を
フルに使ってきますね。

そんな中でネオが記憶を取り戻した感じ?
「ここはいつも」って…。

シンは復讐に燃えてますけど知ってたのかよ!
あの時オーブで出会ったのがキラだって事を!
なんてヤツだ…。
と言うかそんなのあり?(^-^;;

潜るアークエンジェルにタンホイザーが
撃たれたその瞬間!
ついに最強を誇ったフリーダムが撃たれました。
思いっきり刺さってましたね(^-^;;
それでも生きてるんですよね(笑)
イージスとの戦闘でも死ななかったし
これから「なんとかフリーダム」に乗る予定ですしね(笑)

シンは完全にいっちゃってますね(^-^;;
見ている分には楽しいですけど凄い主人公ですね。
一体いつ変わるんだろう…。
ひょっとしてもう変わってるの?

そして久しぶりにアスランの
「キラー!」が聞けましたね。
フリーダムは間違いなく破壊された感じですけど
アークエンジェルはどうなったんでしょうかね。

次回予告もなんだか凄い感じですね。
いろいろ新しいMSも出てきそうですけど
ドムってラクスが見てましたから
エターナルに搭載って事なんですね。
次期主役機は一体どこが作ったんでしょうね。
前作と同じ感じもしなくもないですけど…。
う~ん…不可能を可能にし過ぎるな…この番組は!(笑)

最近実はアスランファンです(笑)
アスランがんばれー!!!

「アタックNo.1」 第9回
attackno1.jpg

なんか…。
完全に感想書く手が途中で止まってしまいましたよ(^-^;;
一応途中まで感想書いてたんですけど
入り込んじゃいましたね。
だって後半「えー!?」の連続でしたよ(^-^;;
というか私は何か今までの生き方が
間違ってた気がしました(^-^;;
よくわかりませんが、ごめんなさいm(__)m
(↑誰に謝ってるんだろ?)

感想ちゃんと書けてるでしょうか(^-^;;
正直こんなにハマルとは思ってなかったです。

手術室の扉が開き…。
「最善は尽くしましたが…」と…。

大変なシーンなんですけど
扉が開く効果音が凄く気になっちゃいました(^-^;;
この音使った事あるんですよ(笑)
多分家にデータあるかなと。
意外とまんま使ってるんですね。
折角の良いシーンなのに職業病はいけませんね。

個人的な話は置いといて…(^-^;;

回想シーンを通して本郷監督の
熱い語りがいいっすね~(^.^)
ストリングスで盛り上げるは
えるぼ的には反則ですよ(^-^;;
好きなんですっ!!!(笑)
でもふと思ったのは回想シーンって
このくらいがいいのかもですね。
某6時からやってるアニメは
やっぱり入り過ぎなんでしょう(笑)

みどりのお母さん応援に来てましたけど
なんか急に好意的になってますよね(^-^;;
なんだかなぁ~って感じですけど
朝加真由美さんは好きです(笑)
「影の軍団」出てましたから!(笑)

目が大沼元キャプテンを追っちゃいますね(笑)
ごめんね~スケベでさぁ~!(アウル笑)

試合中の目のやり取りが怖いですね(^-^;;
まさに一進一退の攻防!
富士見は足が疲れてしまってるようです。

えーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
まさか!富士見が負けてしまうとは!( ̄□ ̄;)!!
かなり意外でしたよ(^-^;;

猪野熊監督の今日のテーマは
ビアノで低音のガーンガーンなんですね(笑)
なんで笑ってんだよー!!!!(笑)
わかんねー!!(笑)

なのに富士見のメンバーは
みどりに対してなんの文句も言わず
「おめでとう」なんて握手してましたね。

スポーツマン精神ならぬスポーツウーマン精神
って感じでしょうけれど
やっぱり「負けたら廃部」ってのは
正直辛い現実ですよね。

ちなみにここで手が止まりました(笑)

久しぶりにこずえと会話するみどり。
努君に負けてしまったと報告するこずえ。
こずえの両親とも準優勝のお祝いしてますけど
やっぱり…元気がないですね。

校長先生に報告しに来た本郷でしたけど
こちらもなんだか何かある感じ。
校長先生の態度が明らかにおかしいです。

3年生の引退式。
やはりバレー部が「負けたら廃部」ムードですから
しんみりとしていますよね。
と思ったら!!!
バレー部の廃部は取り消し!
校長の態度がおかしいのはこれだったわけですね。

連盟としては「廃部」の方向だったらしいんですけど
その連盟に猛烈に反対した人がいたそうです。

って…1人しかいないじゃん!(笑)
やっぱり議長と似てますね。
あっちは狸だからこっちはキツネ?(笑)
と言う事でキツネさんに電話した本郷ですが
「鮎原を選抜によこせ!」と。

みどりもこずえも選抜に選ばれましたが
2人共喜んでない様子。

こずえは「富士見の為に時間を使いたい」と
もっともらしい理由を言いましたが
ゴリに説教されてましたね。

海辺を歩いていたら、みどりと遭遇。
逃げるみどりに「廃部」にならなかったと伝えたら
泣き出してしまいましたね。
ずっと「自分のせいで」という感じで
抱え込んでたんでしょうね。

ようやくちゃんとした2人の会話になった訳ですが
みどりはインターハイが終わったら
パレーを辞めるつもりだったようですけど
辞めると決めた途端、選抜には呼ばれるは
お母さんは応援するわで複雑な心境って感じですが

みどり「こずえともう1度勝負したいな」
このセリフを残してみどりは去ります。

中華一番に来たこずえ。
多分ここで心が止まったと思います(笑)
このラーメンって??と思ってたら
努君の新作ラーメンをお父さんがこずえに
作っていました。
もうね…涙なくしては見れませんよ!!
なんかゆっくりとこずえが決心する所を
描いてますよね。

いよいよ選抜に行く決心をして
1人旅立つこずえに富士見メンバーが掛け付けます。
典型的なパターンなんですけどね。
もう…感無量って感じですよ(T_T)

「若さとはそれだけで財産だ」って
昔聞いた事がありますけど
今はそれを心から思います。
何故かそんな事をふと考えてました。

選抜メンバーとの再会は笑顔でした。
今回はちゃんと選抜用のジャージなんですね。
胸の「JPN」がなんか眩しいです。

いちいちオーバーな動きのキツネさん(笑)
そういえば初っ端から遅刻してきた人って
今回いないですよね?
結構高校バレーでは有名な選手だった感じですけど
忘れ去られてますね。

そしてそして!!!
今回から選抜メンバーを補佐するコーチが!!
なんと本郷でした~!
今回はここで曲が掛かりましたか。

「頼んだぞ」の後でやっぱり笑ってるよー!!!
キツネー!!!!!(笑)
知りたい!そのニヤけた意味を!!!

なぜだまってたのかと本郷に聞く鮎原に
「勘違いするな鮎原…ここでは俺はお前の味方じゃない。
(カメラパーン)敵だからな!」

アスラン「敵って誰だよ?」って言うか(笑)
もう全然わかんないですよ(^-^;;
またキツネ男はニヤけてるし!(笑)

と思ってたらこずえが練習中に!
間髪も入れずに次回予告!!!!
え?全員もし優勝できなければバレーを辞める!?
え?鮎原はもうこの合宿に戻って来れない?
え?「ずっとできないって事ですか?」って???
ツーセッターってなに??
なんでさとみは泣いてるの???

なんか1人だけ取り残された感じです(笑)
基本的に感想書く時はなんの情報も見ないで
書いてるんですけど
もう頭の中?????????です(笑)

この衝撃は君望の再来か!?

って言うかこれ後2回で終わるんですよね???
ナニガナンダカワカイラナイヨー!!!!(?_?)



機動戦士ガンダムF91 ETERNAL WIND/森口博子
GUNDAM_F91.jpg

シャアの顔に傷が付いているのを調べるのに
ガンダムのビデオを付けてたんですが
久しぶりに「機動戦士ガンダムF91」を見ました。
これ結構好きなガンダムなんですよね(^.^)
ちなみに知らない物や見た事ないものはあっても
嫌いなガンダムはないです、今までもこれからも!

と言うか…私は嫌いな物ってあるんだろうか?
もちろん娯楽という事に限りますけど
多分…ない。

嫌いになる前に興味が沸きませんし
嫌いになる前に見るの止めます。

多分もし見ても「嫌い」って単語は出ないですね。
「よくわかんない」とか「つまんない」とか
そう思うことはあっても「嫌い」って単語は出ないんです。

なんでだろ???

話を元に戻しまして…。

「機動戦士ガンダムF91」
いろいろ評価を見てみたんですが
これも賛否両論なんですね(苦笑)
「賛否両論じゃないガンダム」ってあるんだろうか?
多分…ない(笑)

そういうのも含めて「全部ガンダム」なんだ!
そうだ!きっとそうだ!!
それで納得しよう(笑)

前は言葉だけで恐らく理屈では納得してたんですけど
今は実感として納得できつつあります。
ちょっとだけ心が軽くなった気がしました(笑)

作品の方はもう14年くらい前になるんですね。
なのに作画がしっかりしていて凄く綺麗です!
特にセシリーの髪の毛が綺麗っ!!
触ってみたいです…是非(萌笑)

「ETERNAL WIND/森口博子」

森口博子と言えばZガンダムの方でお馴染みですけど
特に主題歌がかなり好きです!
これかなり名曲だと思います。
特にこのマーチ風のドラムが終わった後で
タカタン、ダーン!って入る所から
(バンドサウンドになる辺りから)
もう…ヤバイです(><)/
ギターの「ヅクヅクジャガヅクジャー」って所も
間奏が終わってAメロに入る時のドラムのフレーズも
Aメロのドラムパターンとか
4小節毎にスネアが2回入る所も
すっっっっごく好みなんですよ!!
「叩きてー!!」って思います(笑)

なんか凄くマニアックな感想ですね(^-^;;
取り敢えず「好きなのね」と言う事が
伝わればきっと満足です(笑)
メロディーも本当にいいですし
壮大な感じでいいですよね~
晴れた日の空の下で聞いてみたい曲です。

「ETERNAL WIND/森口博子」↓
劇場版「機動戦士Zガンダム」見終わった次の日のお話。
z_movie.jpg

知ってますか?
しあわせの瞬間が3つある事を。
今日は特別にタダで教えてあげましょう。

それは…( ̄ー ̄)ニヤリッ

「ガンダムを見る前」と
「ガンダムを見ている時」と
「ガンダムを見終わった後」だ!!

これ湘南爆走族で言ってたセリフなんですけど
ガンダムに当てはめてみました(笑)

昨日ウチの感想でも書いた事なんですが
「ガンダムを知らない人が見てわかるのだろうか?」という疑問。
これはなんとなく間違いなのではと思い始めてます。

1日経っただけでコロコロ変わるやつだな~と
思われてるでしょうが(^-^;;
「朝起きると…ボクはそう思っていた(セカチュー風)」

いや昨日ガンダムヒストリカを買ってきて
2回くらい富野監督のインタビューを読んで
そしてりんさんのコメントを読んで
多分そう感じたんだと思います。

ガンダムを良く知らない方は
「こういうアニメがあるんだ~」で充分。
ガンダムをある程度知っている方は
「今回はこういう風になったんだね」できっと充分。

「ロボットアニメってのはそんなもんだし
劇っていうのはそういうもんなの!」って
言ってる富野監督の言葉を
そう受け止めてみました。

もちろんいろいろ深く考察するのも
個人的には凄く好きですし
(私もやっていますができてませんけど(^-^;;)
非難するつもりも全くないです。

「気楽に見れば?たかがロボットアニメなんだし」

そう言われてる気がしました。
昔のイデオンとか作ってた頃の監督だと
恐らく逆なんじゃないかと思うんですけど
ガンダムを作ってしまった事で
あまりにもそれを模倣された作品が増えた事による
富野流アンチテーゼみたいな?

でもそう言ってる監督自身が未だに
あんな発言をしているのは
正直よくわからないんですけどね(^-^;;
「天邪鬼なのかな~?」とは思ってますけど…。

それともう1つ最大の誤りがありました。
それは「クワトロ(シャア)の額に傷がある」事。
私の記憶の中の1年戦争後の
クワトロやシャアには傷がなかったんです(^-^;;

面倒臭いから確認したくないと思ってたんですが
やっぱり気になりましてので(笑)
Zの1話を見て確認しました。
「思いっきりあるじゃん!( ̄□ ̄;)」

だ…だったら…「逆襲のシャア」にはなかったよな?
と思ってそちらも見てみたんですが
「あ…あるじゃん!( ̄□ ̄;)」

これはある意味衝撃でした!
「ちゃんと見てねーだけだろ!」
って言われそうですけど
記憶を捻じ曲げてしまったのか?
それとも大して見てなかったのか?
その辺はよくわかりませんけど
お詫びさせて頂きます。
訂正は多分しません(笑)

本来であれば恥ずかしく感じるべきなんでしょうけど
何故かあまりそう思わないんですよ(^-^;;

「あったんだ!へぇ~!」って感じなのと
「なんでえるぼは傷がないと思い込んでたんだろう?」と
言う事が気になるようになりました。

まさに「人は自分の見たい事しか見ていない」って事ですね。
それに関しては厳粛に受け止めたいと思ってますし
恥ずかしくも思います。
失礼致しましたm(__)m

とにかくいろんな意味でいろいろ考えられて
やっぱりガンダムって面白いな~と思います。
物の見方に関しては本当に勉強になってます。

劇場版「機動戦士Zガンダム」感想
z_movie.jpg

およそ四半世紀前。
小学生だった私は従兄弟と映画館に行きました。
劇場版「機動戦士ガンダム」を見るために。
あの時の空気感とその時の劇場前のポスターは
今でもよく覚えておりまして
少年だった私の心に深く刻まれておりました。

富野監督「あれから私達は20年、歳を取りました。」

なんつーかもう…嗚咽ッ!(><)/
一緒にあの刻を体験した方には
なんとも言えない言葉ではないでしょうか?(^.^)
一言で簡単に言ってくれますけど
えるぼとっては物凄く深いです。
刻を重ねたからこそ震えるものもあるわけですよ。
心からガンダム世代で良かったなと思いますね。
なんか自分で書いてて物凄く酔いしれてます(笑)

と言う事で!!
本日劇場版「機動戦士Zガンダム」見て参りましたが
正直なんと書いて良いのかわかりませんね(^-^;;

取り敢えず思った事は
「ある程度のガンダムという知識がない人が見て
なんの話なのかわかるのだろうか?」という疑問と
「もう1回見せて!」って事です。

えるぼはいわゆるファーストガンダムのTV版(再放送時)と
劇場版3部作を原体験として持ち
数年前になりますがビデオにて
Zガンダムは全て見た人なので
一応の知識はある筈なんですが
それでもわかりずらい印象がありました。

まあ元々なんでもそうなんですけど
始めて見た物って凄く苦手というか
「バーッ」と見て「はい!終わり!」ってタイプなので
余計にわかりずらかったのかもですけどね。

最低でも「機動戦士ガンダム」のTV版と劇場版3部作
そして「機動戦士ガンダム」を見た事がある人の
限定作品じゃないのか?みたいな気がしちゃいましたね(^-^;;

逆に知っているが故に
そう感じるだけなのかもしれません。
正直わからないです。
特に見た事がない人の感想をお聞きしたいと思っています。

行く前にいろいろ探していましたら
舞台挨拶の映像を見つけました。

http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/mo3421.html

以下ネタバレになりますので
読みたくない方はここまでにしておいて下さい。
[劇場版「機動戦士Zガンダム」感想]の続きを読む
劇場版「機動戦士Zガンダム」に行くまでのお話。
z_movie.jpg

映画館と言う物に行かなくなって
もう10年くらい経ったと思います(笑)
行かなくなった理由としては
ビデオ(最近はDVD等)にされるのが
早かったり、仕事の関係やらなんやらで
なかなか行く機会を作れなかった事が
理由ではあるんですけど…。

いや~最近は映画を見るのも
面倒臭くなったって感じちゃいました(^-^;;
「え?どうして?」と思われる方も
結構いらっしゃるかと思いますが
その理由をお話させて頂きます。

えるぼが映画館に良く足を運んだのは
小学生から中学生の時が最も多かったのですが
(どれくらい昔かは想像して下さい(笑))
余程人気のある作品でなければ
途中からの入場でも気軽に入れて
何度でも好きなだけ見れたんですが
そういう良い意味での「気軽さ」は
最近の映画館にはなくなったみたいですね。

もちろんそれに対しての諸々のトラブルも
想像は付きますが、なんとも寂しい物です。
ただ単に慣れていないって事かも知れませんし
そうやってシステム化する事によって
メリットも沢山あるとは思うんですけどね。

でもひょっとしたらそうやって
「見る前に壁を作ってしまっている自分がいる」
って事だけなのかもしれません。
「もう戻れないんだよ!考えるより先に
行動していた若かりし日々には~!!(純夏風)」

と言うか…見る前にこんな事考えてる自体
えるぼはやっぱりおかしいんですかね?(^-^;;
もちろんえるぼと同じ世代の方ばかりでは
ないのはよく解っていますので
「そんな時代は知らないよ~」って言う方や
「それが当たり前!」って言う方も
多いかなと思いますけどね。

こんな理由から映画館に行く足が
遠のいたのかもしれませんね。
でも「昔は良かった」って絶対言いたくない
ポリシーがありますんで(笑)
それは絶対に言わないように
これからも足掻きながら生きていきます(笑)

ちなみに各映画館に問い合わせをした所
劇場限定販売MK-2のクリアー版は
既に完売しているようですね。
どうやら殆どが初日になくなってしまったとか?
オペレーターの方に適当に「完売しました」
って言われるんじゃないかと思ってたんですが
親切に教えて頂いた「立○シネ○シティ」の
受け付け嬢のお姉様。
「あんたいい仕事してるよっ!
俺の心を見抜いたかのようなその対応!
間違いない…アレがニュータイプだッ!(笑)」
この場をお借りして心より熱く御礼を申し上げます。
ちょっとだけ映画館が近くに感じらた気がしました(笑)

ではこれから近くの映画館に行って参ります。
帰ってきたら感想書きたいと思います。

劇場版「機動戦士Zガンダム」鑑賞直前
えるぼのウダウダ心情レポでした(笑)

あしたをつかめ ~平成若者仕事図鑑~ 「声優」
テレビ付けたらやってた番組なんですが
なんか魅入ってしまいました(笑)

あしたをつかめ ~平成若者仕事図鑑~ 「声優」

元々声優さんってそんなに興味はなかったんですが
最近は少し興味が出てきてるみたいです。
そういう仕事をしなくなってから
興味が出てくるってのは
なんとも皮肉なものではありますが(笑)
いろいろ見ていて勉強になると言いますか
頑張っている人を見ると熱くなりますよね。

声優さんという職業で現在活躍しているのは
およそ1300人くらいだそうですが
目指している方等を含めたら
もっといらっしゃいますよね。
お仕事がないときは収入ゼロ。
中には月数百万円を稼ぐ人気声優さんもいるようですが
厳しい世界ですよね。
全員がなれるとは言えないんでしょうけど
是非頑張って欲しいですよね。
「君のぞらじお」 WEB版 第10回

kimiraji.jpg



もう10回目の配信なんですね。
って事は10週間経ったって事なんですよね。
月日の経つのは早い物です。

●君のぞらじお 前半●
先日のイベントのお話、なのなの。

「MAGIC」なんですけど
もうカラオケに入ってるんですね。

「アニメロサマーライヴ」というのが
開催されるみたいなんですが
テーマ曲もあると言う事で
今回掛かっていました。
なかなかいい曲でしたね。
ちなみにアニメイトで発売されると
言ってるんですが、普通に発売しないんですかね?

レコーディングは
「ウイーアーザワールド」状態だったそうで
これだけのボーカルの人が集まると
確かに凄い事になりそうですよね(^-^;;

●らじお すかいてんぷる●
「お菓子大好き」のコーナーで
「ウフフフフ」って言ってるんですけど
なんかシンクロを思い出しましたね(笑)
他にもなんかありましたっけ?

「野に咲くちょうちょ」
これも「君望辞書」入りなんですかね?(笑)

相変わらずパチスロの話題。
パチスロ関係のアフレコもやりたいというきよみん。
君のぞのパチスロがあったら楽しいかもですね!
ファンクラブのソフトで配布して欲しいですね~
アゲクッ!アゲクッ!(←みな実ちゃんアゲクコール風)
ボイス切りくらいならタダでやりますんで(笑)
って…DAT持ってないや…(T_T)

夢を自由自在に操れる方法があると
言う事なんですが…。

その1:「空を飛ぶ夢を見るぞ!」なのなの
    自分に暗示をかけて寝る。
    何故空を飛んでいる夢がいいのかと言うと
    それが1番気付き易いからだそうです。

その2:その1を訓練すれば
    段々空を飛ぶ夢が見られるようになる。
    後は自分の見たい夢を念じれば
    もう見られるそうです。
    
その3:夢日記を書く。
    夢日記とは夢であった事を覚えてるだけ
    全部日記につける事です。
    夢を思い出す事によって
    夢を操れるパワーがアップするそうです。

なんかちょっと面白そうなんで
やってみたいですけど
なんか寝てる時にこんな事すると
疲れそうな感じもしますけどね(笑)

「対決!すかいてんぷる」
今回は兄と弟。
きよみんが兄派でこずが弟派だったんですけど
実際にお2人共それぞれ本当に
兄と弟がいると言う事で
体験談的な感じになりましたね。
イメージからすると反対な感じがしちゃうんですけど
(きよみんに弟がいて、こずに兄がいるって事です)
なんかへぇ~って感じですね。

●君のぞらじお 後半●

いよいよ今夜決定!
「もう1度決める、ベストオブ君望ソング」です。
全部で94曲もノミネート曲があったんですが
ちゃんとリリースされている曲と
らじおでサクッと作った曲が入り乱れです。

ジョイさんのDJ風の喋りは
ホントかっこいいっすね(^.^)
いや~いい声してますよ。

何故か1位の発表の時ボケてましたが(笑)
やっぱりこの曲が1位でしたね。

これです。

恐らく「君が望む永遠」というゲームに出会った方は
この曲にはやはり特別な思い入れがありますよね。
えるぼもこの展開を見た時は
ホント頭ぶっとびーって感じで
もう2度とあんな衝撃はこの先生きてても
きっとないんじゃないか?
と言うくらいでしたからね。
やべーまたやりたくなってきたー(笑)
もうすぐ夏ですしね( ̄ー ̄)ニヤリッ
ちょっと燃えて来た所がありますので(謎)
少しずつ時間を作りまして
企画書作りたいと思います。

ちなみに10位までの結果は…。

 1 Rumbling hearts
 2 BE WISH MY SOUL
 3 君が望む永遠
 4 Blue tears
 5 MAGIC
 6 Precious Memories
 7 遠い夏の日
 8 UYA-MUYA HEAVEN
 9 ジャンボフランク
10 スーパーカー

個人的な感想としましては
「遠い夏の日」がランクインされているのが
結構嬉しかったりしますね。
結構根強い人気がありますよね。
これも本当に名曲なんですよね。

「Precious Memories」も根強いですね。
こらは「君が望む永遠」のアニメ版の主題歌なんですけど
これも確かに曲が本当にいい曲です。
アニメから「君が望む永遠」を知った方も
かなり多いと思いますが
アニメしか知らない方、是非一言言いたい。
「ゲームをやって!」と。(笑)

後は「MAGIC」の追い上げと
君が望む永遠 DVD Specification」の主題歌である
「Blue tears」が入ってる所も気になりますね。
「Blue tears」は速瀬水月Verもあったりするんですが
これはファンクラブ会員しか購入できないCDだったりします。

「RUMBLING HEARTS」と「君が望む永遠」が
収録されているサウンドトラックはこちら↓


名曲「遠い夏の日」↓


「君が望む永遠」アニメ主題歌↓



今回第2位にランクインしている
「BE WISH MY SOUL」は実は始めて聞いたんですが
思いっきりT○ネッ○ワークでしたね(笑)
なんの曲なのかよくわからないのですが
「OVAアカネマニアックス」を全巻購入した方にプレゼントとして
「OVAアカネマニアックス オリジナルサウンドトラック」という
とても長い名前のCDが特典として付くらしいのですが
これに入るみたいです。
う~ん…全巻購入ですか…悩みますね(^-^;;

OVAアカネマニアックス第1章↓


OVAアカネマニアックス第2章↓



とにかく「君が望む永遠」又は
「君のぞらじお」と音楽は本当に密接と言いますか
音楽が大切にされているのが
企画意図から感じられて個人的には
凄く嬉しかったりします。
多分音楽がそんなに良くなかったら
えるぼもはまってないと思いますしね。
興味を持たれた方はまず「君のぞらじお」を
聞いて頂いて「曲の良さ」を
知ってもらえたらと思います。

ちなみに前回の「ベストオブ君のぞソング」は
こんな感じでした。

1 Rumbling hearts
2 君が望む永遠
3 星空のワルツ
4 真夏のBirthday
5 遠い夏の日
6 Precious Memories
7 Yours
8 風のゆくえ
9 栗の子三昧
10 be wish my soul
11 ひとことだけの勇気
12 ジャンボフランク
13 未完成のGuilty
14 パニック
15 六本木
16 ノンストップワイルド三人娘
17 スーパーカー
18 怪傑猫侍
19 おなじ月をみてる
20 眠り姫


「君のぞらじお」の曲↓


「らじお すかいてんぷる」の曲↓
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第33話
seed_destiny.gif

いきなり桑島さんのお唄から始まりました。
ステラの亡骸を海へと静めるシン。
またF○7とか言われてるんでしょうね(笑)
まさに「悲しみを怒りに変えて立てよシン!」
って感じでしょうかね?(笑)
なんかちょっと神経衰弱?とか思いました(笑)

なんかCMに入る時の音楽変わりましたね?

アーサーがなんかもっともらしい事言ってますね!
ちょっと驚きです(笑)

フリーダムの研究をしているシン。
そしてレイ。
それを止めようとするアスラン。
正論を言われてるだけに
完全には言い返せないですかね(^-^;;
シンは覚悟を決めてしまいました。
やはりステラの復讐なんでしょうね。

ネオはまるっきり記憶がないようですが
100%ムウだって言われてましたね。

ルナマリアに元気付けられるアスラン。
確かにいろいろ考え込んでしまう
ハツカネズミタイプですから(笑)
優しくなってしまいますよね。
そういう意味ではアスランって
凄くよくわかるタイプかもです。
今まではさっぱりわからなかったですけどね(^-^;;

議長の演説が始まりました。
これは「ダ○ールの演説」っと…(笑)

この戦闘シーンにフリーダムがいないというアスラン。
議長はキラをなかった事にしたいんですかね。

久しぶりにジュール隊でましたね!
シホもちゃんと出てました(^.^)

ついにロゴスの存在を明らかにしてしまいましたね。
議長もとうとう本気モードになったんでしょうか。

しかし前作のSEED組はこの宣戦布告には
どうやら反対のようですね。
うーん…いまいち議長が何を狙っているのか
よくわからないですね。
でもさすが惚れ惚れする演説でした!

予告の音楽も変わりましたね。
来週はついにシンVSキラになるんですね。
と言うかアークエンジェルを撃つのが命令なのか?
それとも止めに行ったから戦う事になるのか?
議長はアークエンジェルを
ロゴスって事にしたいんですかね
う~ん…よくわからないです。

ここで気になる事を少し挙げます。

議長がアスランに行った
「我らが間違った道を行こうとしたら正してくれ」
力も権限もあるのでどうするんでしょうかね。
ついにヘタレ返上するんでしょうか。

そしてシンはまだ変わりそうにないですね(^-^;;
と言うかついに行く所まで行ってしまう感じです。
まあこれもこれで見たいと言えば見たい
展開ではあるんですけどね。
本当に変わるのは4クールなんでしょうか。

いよいよ話も進んで楽しくなってきました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。