PLAMODELING NOAH BLOG
目撃せよ!新たなNOAH!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
君は僕に似ている/SEE-SAW
seed_destiny.gif

今週はキラの回想の週だったので(笑)
DESTINYの感想は更に後回しにします。

8月3日に発売が決定している
SEE-SAWの曲「君は僕に似ている」
こちらも一足早く良い音で入手できたので
先に感想書いてみたいと思います。

これフルで聞くの絶対オススメです!!
言われなくても聞きますか?そうですか…(笑)

続きを読みたい方はクリックして下さい。

●君は僕に似ている/SEE-SAW●




機動戦士ガンダム SEED DESTINY 第4期ED曲。
SEE-SAWのシングルとしては
「あんなに一緒だったのに」以来だとか?
こちらもDESTINYを見ている方の中で
恐らくあまり賛否両論にはならないであろう話題(笑)
「SEED歌曲の真打登場」と言った所でしょうか。

でもこれ厳密に言うと新曲じゃないんですよ。
DESTINYを全話見ている方でしたら
既にこの曲は聞いている筈です。

それは議長が30分間ずっとチェスをしていたという
あの総集編と言われまくった29話です(笑)
私は何回も見たんで絶対に間違いないです。
ビデオとかに録画している方は確認して下さい。

なので厳密に言うとアーティスト
SEE-SAWとしてリリースされた
歌モノ用アレンジバージョンって事ですね。

細かいですか?そうですか…(笑)
まあこちらがオリジナルなんでしょうけどね。

多分サントラ担当の佐橋氏のアレンジ版が
29話で流れてたって感じがしますので(推測です)
その時にはもう出来ていた事になる訳ですね。
業界関係の人でしたらご存知だと思うんですが
クリスマス時期の曲って大抵夏真っ盛りの時期に
作ったりするんですよ(笑)
季節感とかなさ過ぎですね(笑)

さてさて…曲の感想です。

とにかく声を大にして言いたいです。
「絶対にフルバージョンを聞け!」です。
EDで流れている部分だけだと
この曲の真の凄さはわからないと言っても
過言ではないでしょう!
特に楽曲好きな私にはたまらんですっ!!(感動)

まずこのティンパニーロールから始まるイントロ!
前作のSEEDでは中島美嘉の
ゆったりとした感じのバラードでしたけど
ちょっとアップテンポの曲に使っても
結構いい感じになるんですね。
アレンジの勉強になりまする~!
後はやっぱりこのアコギの音が綺麗っすね~

特に中間のインスト部。
ストリングスとティンパニの静かな感じになり
ピアノコンチェルト的アレンジがしびれるぅ~~!!!
アコギの刻みも合わってマジサイコーっす!!!

SEE-SAWというアーティストは
恐らく大半の方が前作SEEDの
「あんなに一緒だったのに」で知ったのではと思います。
私ももちろん同じですね。

でも実は結構前から聞いてたみたいなんです。
「見るドラマからやるドラマへ」というキャッチコピーが懐かしい
「やるドラシリーズ」の第1弾「ダブルキャスト」の
音楽を梶浦さんが手がけられていたんですね。
実は少し前にサントラ買って知りました(笑)
「サクラ大戦」の舞台の音楽とかもやってらっしゃるようですね。
全然知りませんでした(^-^;;

個人的な好みを言いますと
もう少しパワーがある音が欲しかった所もありますね。
生っぽい音が多いのでどうしてもそう聞こえてしまうので
まあ耳には優しいんですが(笑)
梶浦さんの音自体軟らかいですからね。
後リバーブが深い?というかちろっとモコモコして
聞こえる気がするのがちょっと残念ですね。
どちらかと言うと耳に近い音が好きなんで…。
ってもうこの辺になると単なる「好み」になりますので
悪いという意味ではないんです。
基本的に私は好みで批評したりしません!!(断言)
たまにしてるかもですけど…(汗笑)

とにかく私如きが言わなくても
良い曲なのは明白なのですけどね(^.^)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あ、この曲、31話「明けない夜」でも流れてますよー。マリューさんがキラをなぐさめるシーンです。自分も何回か確認しました(笑)

この曲は歌として聞いてもBGMとして聞いてもいい曲で、すごく気に入ってます。
2005/08/01(月) 07:54:36 | URL | シグレ #-[ 編集]
思わず書き込みしてしまいました
はじめまして。梶浦さん好きとしては見逃せない記事だったので、書き込ませていただきます。

実は私も数度フルで聞いたことがあるのですが、本当、いい曲ですよね。
ヴァイオリンもアコギの旋律も切なさが出ていいですが、
石川さんの歌声も以前より響くようになったかな、と思うぐらい綺麗で。
種運命のEDとしてでなくとも、おすすめしたい曲です。

この曲は劇中何度か使われていますが、
私はむしろこちらの方がアレンジバージョンだと思ってました。
「あんなに一緒だったのに」のオーケストラバージョンと同じで。
曲自体は早くに出来上がっていたと思うので、新曲は新曲だと思います。
あんまりいい曲だったんで、先に劇中で使っちゃったんでしょうかね(笑)
2005/08/01(月) 11:27:16 | URL | 水影 #fdwSL76Q[ 編集]
レスです~
◆シグレさん◆
31話でも流れてたみたいですね。
あんまりみんなが総集編って言うので(笑)
逆らいたくなったので(笑)
見てたら印象深い曲だったので良く覚えてます。

もちろんアレンジによる場合もあるのですが
「歌として聞いてもBGMとして聞いてもいい曲」というのは
元もとのメロディーが凄く良いという事ですよね。

◆水影さん◆
はじめまして!!
梶浦ファンの方に見て頂けて光栄です(^.^)
書き込み有難う御座いますm(__)m

フルで聞くと本当に凄いですね!
ヴェスティージの記事でも書いたのですが
私はあまり歌詞を聞かない楽曲に耳が行くタイプなので(笑)
石川さんの歌の変化には気が付けませんでしたが(^-^;;
SEE-SAWとしての活動ってライヴとか
いろいろされているのでしょうか?
「歌」って好きになって歌えば歌う程
上手になるって言われますから
益々磨きが掛かっているって事でしょうね~(^.^)

少し捕捉しますと
歌を聞いてない訳ではないんです。
ただ「楽器の一部」として聞いちゃうんですよね。
メロディーとしてバックとのバランスとか
絡みとかそういうのを聞いてしまうんです。
これはもう病気みたいなものですね(笑)
だから全然歌詞が頭に入りません(笑)
例えて言うならば
「ギタリストにとってのサビはギターソロである」
と言ったら伝わりますでしょうか?(笑)

劇中での使われ方ですけど
本当に推測の領域を出ないので
なんとも言えないんですが…。
いずれコンプリートベストの
ライナーノーツか梶浦さんの日記か何かで
明かされるのかな~と思っていますが…。

想像しますと、まずSEE-SAWバージョンが
先に出来ていたんじゃないかな?と思っちゃうんですよね。
メロだけのデモテープで佐橋さんに渡すとは
あんまり思えないですし(笑)

逆にもしそれで渡していたとしたら…。
それはそれで凄い事だと思います。
それだけ密接に曲作りを一緒にしている事になりますからね。
そういう現場だったらDESTINYの音楽陣は
本当に凄い作り方していると思いますけど
お互いに忙しいでしょうから(笑)
なかなかそういう機会もないんじゃないかなと思います。

だからある程度できていた物をベースに
佐橋氏がアレンジして劇中で使ったんじゃないか?と
推測しちゃうんですよね。
「君は僕に似ている」の作曲のクレジットが
梶浦さんですからね。

それと「新曲」という意味で
誤解を受け易いかと思いますので
水影さんに限らずという意味で捕捉させて頂きます。
水影さんは私の文章の意味が
解っていらっしゃるみたいですけどね(^.^)

私は先に聞いたを新曲と定義しています。
そして「曲」というのは基本的に
「メロ部分のみ」の事を指しますので
(作曲のクレジットではそういう意味合いですね)
「編曲」まで付くとまたそれは「別物」という定義です。

つまり29話で聞いてしまった時点から
視聴者的には「初お披露目メロディー」となりますから
第4期EDで掛かった時には、それは曲としては
「古い曲」と私は解釈しました。

だから「アレンジバージョンがEDとして流れた」と
いう感想を書いた訳です。
それだとなんか古くていやだな~な言葉であれば
「新編曲」と書いた方が良いかな?と
ちょっと思いましたけどね(笑)
でもSEE-SAWとしてのリリースで言えば
間違いなく「新曲」ではあると思います。

日本音楽教会的な解釈をするとまた違う形に
なるのかな~とは思うんですけど(笑)
ややこしいっすよね(^-^;;

まあそんな事には拘らずいい物はいい!で
別に良かったんですけど(笑)
「総集編!総集編!」って言われてる中にも
結構いろいろ入っていたりするんだね~と
いうのを言いたかった所もあります(笑)

佐橋さん自体先行してサントラ作りはしている筈ですから
たまたま出来ていたものを監督か
音楽デイレクション担当の方が
使ってしまったのでしょうね。

この間作曲家「服部隆之」氏の
テレビ番組を見ていたのですけど
映画とかとテレビの作り方というのは
結構違うみたいですね。

テレビの場合は曲は先に全て出来ていて
それを編集する方が当てはめて行く形が多いと聞きました。
なので作曲者にとっては
「その部分で作曲した訳ではないのに…」
という事もあるようなんですが(笑)
それはそれで解釈が違っていて新鮮だという事も言ってました。

「29話を境に議長が動き出す」という
感じで進めようとしたかったかもなので
その回をある意味重要回として定義させ
この曲を入れたのかもしれませんし
単純に「この曲このシーンに合うんじゃない?」で
サクッと付けられただけかもしれません(笑)

まあ「どれが正しいか」と言う所は
私自身それ程重要視していなかったりもします(笑)

梶浦さんの他のサントラも聞いてみたいですね~♪
音楽の話になると異様に長くなってしまいます(^-^;;
2005/08/01(月) 15:49:18 | URL | えるぼ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。