PLAMODELING NOAH BLOG
目撃せよ!新たなNOAH!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
劇場版「ターンAガンダム」OST/菅野よう子


「AFTER ALL」が聴きたくて借りて来ました。
今更ながらに凄い音楽だと感動しています。

ガンダムと音楽を愛する全ての人に
聞いて頂きたい必聴版!
そして「癒されたい」あなたに!(笑)

続きを読みたい方はクリックして下さい。
ですが…長いです(笑)

●劇場版「ターンAガンダム」OST●
~惑星の午後、僕らはキスをした~




劇場版「ターンAガンダム 地球光・月光蝶」のサウンドトラック。
今更ながらに凄い音楽達が入っている事に気付き
ただ驚嘆と感動を繰り返すばかりです。
スケールが本当に壮大なのです。
世界の最果てにでも行って聞いてみたい音楽です(笑)
「世界の中心」はどの場所なのか最近知る事ができましたが
一体「最果て」はどこにあるのでしょうか?
今だったら是非映画館で見てみたかった作品。

ヘッドフォンや車で聴いたりするのではなく
部屋の残響も感じながら聴くのが
この曲達に対しては良い感じ方なのかな~と
思ったりもします。
言葉に表現するのが難しいんですが
ヘッドフォンで聞くよりスピーカーで聞いた方が
「音が広がってより響く」感じがするんですよね。

作曲者は菅野よう子氏。
「COWBOY BE-BOP」や「マクロスプラス」等
数多くの音楽を手掛けられている方です。
菅野氏の曲は本当にどうやって書いてるんだろ?と
いつも不思議に思うんです。
感性が凄い。
ありとあるゆる音楽エッセンスが網羅されている
作曲センスと言ったら良いのか…。
真似したくても簡単にできるものではないですね。

いずれ「ターンA本編」の自体の感想も近く書く予定ですが
とにかくかなり好きなガンダム作品となりました。
文芸作品とでも言うのでしょうか?
好きな方はかなり好きな作品みたいですね。
とにかく物語がとても美しい。
個人的に「ガンダムサーガ最終章」という
キャッチフレーズには大賛成です。
これから先どんなに新しいガンダムという名が付いた
作品が出てきてもこれが「最終章」だと思いたい作品です。

商業的には成功したとは言えなかった作品ですが
正直「宮崎アニメ」や「FF」が売れるのに
何故これが売れないんだろうか?と疑問に思います。
わかりやすさという点では
確かに負けてしまう部分はありますけど(笑)
遠い将来素晴らしい評価を得るのでは?と
思うくらい推したい作品であります。
物語として非常に美しいガンダムだと思うし
「ガンダム版竹取物語」というのも頷けます。
それに更なる艶と彩りを添えたのが
この菅野ミュージックなのでしょう。

では曲の感想を…。

■1曲目「AFTER ALL」
「地球光」の最後にEDテーマとして掛かります。
あのソシエのウエディングドレスのシーンと重なって
素晴らしい相互演出がされてますよね。
バラードにはいろんなタイプの曲がありますけど
まさに地球を包み込むようなそんな印象の曲です。

■2曲目「宵越しの祭り」
この土地に根付く民族音楽という感じですね。
ホワイトドールの前で歌われる曲でしたが
こういう所までしっかりと世界観を
作り上げているのは本当に丁寧だと思います。

■3曲目「ウィルゲム離陸」
クラシック曲ですね。
音の響きがいかにもという感じが好きです。
特に中間部のストリングスと管楽器の
合わさるメロディーが好きですね。
それと次の曲に入ってしまったような錯覚に
なりそうな部分が何故か一瞬だけ
「ウルトラセブン」のイントロを思い出します(笑)
この辺からも凄く好きですね。
クラシックナンバーはこういう曲が好きなのです。

■4曲目「Silent prayer」
静かな曲ですぐに終わってしまいますが(笑)
凄くいい曲です。
管弦楽って感じでいいですよね。

■5曲目「MOON」
これは「月の繭」の英語歌詞バージョン。
1話で既に流れてたんですよね。
全然覚えてなかったです(^-^;;
凄いです…本当に。
どうして1話でこんな曲が出来ているの!?
と物凄く感動しています。
明確なビジョンを持って製作していたという事ですね。
クリエイターとしては超一流なのかもと嫉妬します(笑)
奥井亜紀氏が歌うバージョンも良いんですが
英語の歌詞になったことによって
より文芸作品的要素を醸し出している気がするが
しかし似たような歌い手さんを見つけて来るものです(笑)
声が本当に良く似ています。
ガンダムには優れた歌物が多いのですけど
これは名曲中の名曲だと思います。
個人的に物凄く印象的なシーンは
ラストにディアナになったキエルが
黒歴史の映像を見て涙を流しているシーンなのですが
なんとも言えない情感で満たされます。
マーチ風のスネアのフレーズなので
どこか女王の行進曲みたいな印象もありますかね。
森の囁き、小鳥の声、川のせせらぎ、等など…。
そんな「癒し」が感じられる曲でもあります。

■6曲目「Jig」
クラシックな曲なのですが
どことなくコミカルな感じですね。
軽快なリズムが心地よいです。

■7曲目「クリケット」
こちらもコミカルな曲なんですが
少しサウンド的には大人し目です。
木管楽器が主体でしょうかね?
木管楽器も好きなんですよね…オーボエとか。
途中から弦が入ってきまして
さらに盛り上げて?くれます。

■8曲目「THE ETERNITY DANCE」
ガラッと変わってジャズです(笑)
本当にジャズです、ジャズ風じゃない。
そして歌物です。
この間プレーした「サクラ大戦V」でも
ジャズの話が出てくるんですけど
「ジャズは響かせるものだ」
というセリフが印象的でした。
でもジャズって「うるさい」って意味なんですけどね(笑)
三和音じゃなくて四和音の世界。
響きが複雑にはなるのですけれど
その複雑な響きにはまれるとジャズは楽しいです。

■9曲目「はたらくお嬢さん」
頭の音はひょっとしてピチカート?
フルートのメロディーと
それに添えるピアノがいいですよね。
どことなく不安感なような物も
曲からは感じられますかね。

■10曲目「花泥棒」
アコギから始まるんですが凄くいい音してます!
この曲も凄く好きですね。
ストリングスとのアンサンブルがとてもかっこいい!

■11曲目「月のくじら」
一風変わった感じの曲ですね。
民族的な曲という感じもします。
メロはなんの音なんでしょうか?
低い胡弓のような…よくわかりません。
途中から雄大になっていくんですが
「月にくじらがいたら」こんな感じがするんでしょうかね。
どことなくストリングスの使い方が
オールディーズ風で良いですね。

■12曲目「The way to the river」
こちらも歌物なんですけど歌詞っぽい歌詞ではなく
スキャット風って感じですね。
小鳥の鳴き声とか入ってます。
穏やかな田園とかで聞いてみたいですね。
ボーッとできそう…(笑)

■13曲目「グエン様のファーストカー」
明るい民族音楽って感じですね。
こういうジャンルはなんと言う名前か
忘れてしまいましたけど
僅か30秒で終わってしまいます(笑)

■14曲目「Queens valley」
フレーズはどこかFFの植松さんを
思い出してしまう気もします。
不安なコミカルフレーズって言うんですかね?
後半からはとても美しい曲になっています。

■15曲目「着せ替えドール」
これもかなりノスタルジックな曲ですね。
ピアノの音なんですがかなり篭らせた音です。
わざとやっているんでしょうね。

■16曲目「Element's」
重厚な曲ですね。
打ち込み系のクラシック曲という感じがします。
かなり先鋭的でかっこいいですね。
こういうセンスは本当に凄いと思います。
サウンドとはなんたるかを心得ている感じがします。

■17曲目「月の魂」
やっとこ曲名が判明致しました(笑)
「やどれ~♪やどれ~♪」はこの曲でした。
歌うは「レット隊」(笑)
って事はマリアさんも歌っているって事ですかね?
こちらも土地の音楽って感じの民族系です。
ちなみに「つきのたま」と読むらしいです。

■18曲目「X top」
「凄いよ!さすがターンエーのお兄さん!」
って聞こえてきそうですかね?(笑)
割とすぐに展開していきまして
この辺のリズムがまたかっこいい!!

■19曲目「Black history」
オペラなコーラスがいいですよね。
まさに「黒歴史」って感じの曲で
「月光蝶であーる!」と言いたくなります(笑)
始めに「ターンA」にはまったのもこの辺からでしたかね。
とにかく映像が凄かった。
「こんなのアリかよ!?ソーラレイなんて目じゃないぞ!」
って思いました。
とてつもなく「いけないもの」には惹かれますよね。

■20曲目「酔っ払いワルツ」
ワルツなんで3拍子。
ピアノが主体の曲です。
これも短くてすぐ終わります。

■21曲目「コレンの最後」
最初はただの危ない人だったコレン(笑)
でもあのラストを見たら絶対かっこいいと思う!
「ロケットパァ~ンチ!」には
とてつもなくやられましたね。
曲の方は割と悲しめな曲で
タイトルもそうなんですけど
後半からは凄く感動的になります。

■22曲目「Final shore」
結構テレビ版でもよく掛かってましたね。
やっぱりオペラボイスが入ると
とてつもなく荘厳な感じが出ますよね。
どことなく「新世界」のような感じもする曲です。

■23曲目「Moon 2」
こちらは「月の繭」のインストゥルメンタル。
この曲でもっとも印象的なシーンというと
泣き虫ポゥが飛行機に乗ったディアナを見て泣くシーン。
ポゥは公式でも「泣き虫ポゥ」になりましたけど(笑)
飛行機に乗ったディアナと涙の情感は本当に素晴らしい。
フルート(?)とストリングスによる
メインメロディーが本当に美しいです。

■24曲目「End title ノスタルジーナ」
劇中のどこかで聞いたメロディーが出てきて
ラストを飾るに相応しい曲だと思います。
マーチ風で大団円という感じがしますかね。
これもかなりお気に入りの曲です。

ライナーノーツの富野さんと菅野さんの
ラブレターみたいなやり取りが面白いですね。
今までの富野作品のサントラのライナーノーツを見る限り
こういう書き方はあまりされていなかった気がします。
菅野さんの楽曲と才能に対してベタ褒めで
富野さんがこれだけストレートに褒めているのも
珍しいんではないですかね?
富野さんも言っているように
「本当に日本で出来た曲なのか?」と
不思議に思わざるを得ないグローバルな楽曲達なのに
何故かちゃんと日本流テイストが入っているような
ノスタルジックなエッセンスが満載です。

「菅野よう子」という素晴らしい作曲家が
あらゆる原体験を曲作りに活かしまくっている
これぞまさに「才能」と言わざるを得ない感じがします。
センスが良い作曲家は結構いると思いますが
ここまで才能を魅せられる作曲家というのも
あまりいないかもしれませんね。
そんな私もベタ褒めになってしまいました(笑)
富野さんと同じ様に嫉妬してしまいます(笑)
スケールが段違いって感じがしますね。
最近聞いていたお気に入りの曲達が
全て吹っ飛んでしまった感じさえします。

このサントラは劇場版のものですけど
基本的にはテレビ版の時にもあった曲達ばかりで
新録が多いですから
こんな凄い曲達をテレビという媒体で
作っちゃった事がもう本当に凄過ぎです。
このスケールはテレビの画面に収まり切ってないよ…(笑)
でも最近は凄いテレビも出てますから
今の凄いテレビで見るとより良さが伝わるかもですね。

聴けば聴くほど良くなってくる
「するめ」のようなアルバムなので
是非に聴き込んで欲しいオススメの1枚です。
この作品で間違いなく菅野よう子という作曲家も
フェイバリットコンポーザーに入りました。

なんか物凄く時間の掛かった感想になりました(^-^;;
何日くらい掛かったか記憶すらありません(笑)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
セミオートマチックカバードキー、フル装備、第3オクターブキー付、LowB、LowBbレゾナンスキー付。1年保証プラス盗難、火災、破損保険付。・[日常] オーボエ・「毎日モーツァルト」 祝!第100回・ポルトガル語からの外来語をネットで調べてみた・結局魔力かっ!・モーツァ
2007/07/30(月) 13:31:48 | 木管楽器をあげる
リグータ社は1951年のブリュッセル国際博覧会で名誉ある賞を受賞、ハインツ・ホリガー、モーリス・ブルグなど世界の一流演奏家が愛用しています。セミオートマチックカバードキー、第3オクターブキー、左Fキー、フォークF、LowBbレゾナンスキー、LowB-C#、Ab-Bb、B-C#、C-D
2007/08/24(金) 07:12:55 | 木管楽器がいっぱい
同商品でもっと安くありましたがクレジットで買えたのが最大のポイント。頑張って練習します。ありがとうございました。早速、吹いてみました!!フルートは10年ぶりぐらいなのですが、音が出ました。価格のわりに良いと思います値段の割にはいい音がすると思います。私は
2007/09/12(水) 10:49:20 | 木管楽器をたくさん集めました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。