PLAMODELING NOAH BLOG
目撃せよ!新たなNOAH!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ターンAターン/月下美人 西城秀樹


「ターンAガンダム」の初期クールのOP曲と
挿入歌が収録されています。
これも最近買いましたよ(笑)
ちなみに2話から使われたんですよね。

続きを読みたい方はクリックして下さい。

●ターンAターン/月下美人 西城秀樹●




こちらも同様にまさか
「西城秀樹」の曲を紹介する事になろうとは
予想すらしていませんでした(笑)

最初放映時に聞いた時にも
「なんでヒデキなんだ?」と思いました(笑)
別に嫌いじゃないんですけどね
ちょっと古いかな~と思ったりもしたんです。
今はね…大好きです(笑)

でもヒデキはね、結構HR好きな人なので
その辺では一目置いてましたかね。
ただ「ヤングマン」を歌っている人ではないですよ(笑)
それとヒデキだからロランはローラと呼ばれたのかな?とか
そんな見方もしています(笑)
本当の所は良く知らないんですけどね。

■ターンAターン■

「ターンAガンダム」の1番目のOP曲です。

時が未来に進むと、誰が決めたんだぁ~♪

「カッコ良過ぎね~?」です(笑)
しかもヒデキ!!作曲は亜星!!作詞は富野!!!

凄いですよね(笑)
なんだかわからないんですけど
かなりツボなんです(笑)
別に笑わそうと思ってこうなっているのではなく
真面目に作ってこうなったんだと思いますし
彼らに対して失礼なのは重々承知しておりますし
作っている経緯を知ってしまってからは
こんな事は書けないのですが
「対比」という事で書き記す事に致します。

特にね、Bメロが大好きなんです。
お若い方だとご存知ないかと思うんですが
昔はアイドルとか言われた歌手には
親衛隊なるものがついてまして
歌に合わせて掛け声みたいなのを作って叫んでた
「若気の至りの典型」みたいなのがあったんですけど(笑)
最近はいるんですかね?モー娘辺りにいます?

何故この曲のBメロが好きなのかと言いますと

あなたとの~♪(ヒデキ!)
あいだに~♪(ヒデキ!)
命ある形を~♪(L・O・V・E!)
この星に~♪(ヒデキ!)
捧げる~♪(ヒデキ!)
愛という~しるしで~~~♪

と、合いの手を打ちたくなるからです(笑)
ちなみに私が考えました(笑)
他にも考えた人がいるかもしれません。
まあこんな事を考えなくても
普通に好きなBメロなんですけどね。

それとですね。エレキギターの合いの手が
これまたいいんですよ(笑)
良く聞いてみて下さい。
とても笑えます(笑)
でもね、バカにしている訳ではないんですよ。
こういうアレンジの時代がありまして
それをこの時にやったって事が面白いのです。
音楽の歴史の勉強って所もありますかね。

ヒデキの歌はと言いますと
ターンAのサントラの2に入ってます
テレビで流れているのとはちょっと歌い方が違いますね。
頭の音のアタックが優しい感じがします。
テレビ版の方が「熱いヒデキ」という感じで好きなのですが(笑)
ちょっと新鮮ではありましたかね。
大抵最近の歌い手さんは
ショートバージョンで聞いても
フルで聞いても歌が同じでしょう?
全く同じ様に歌うなんてそれこそ凄い芸当ですからね。
ちゃんとそれ用に録音しているんだなと
いうのがよくわかりますね。
どうやらテレビ版の方は一発撮りだったそうです。

ちなみにヒデキは富野監督に
「ターンAターン」という歌詞の意味が
よくわからないと質問した所
2時間くらい掛けて熱く説明してくれたと語ってます(笑)
そして「説明が長いよ!」と監督を叱ったそうです(笑)



■月下美人■

「ターンAガンダム」の挿入歌です。
富野さん的には「劇中歌」と言って欲しいとか?

これは確かキエルになったディアナ様が
ロランを膝枕かなんかしている所で
掛かってまして凄く衝撃的でした。
(ディアナ様の膝枕羨ましい…(萌笑))

だってだってですよ!
「お嬢さん~♪お嬢さん~♪」って
凄い歌詞じゃないですか!?(笑)
「今時ありえーねーよ」と思ったものですが(笑)
ふと聞いてましたね、思ったんですよ。

「サクラ大戦」という作品があるのですけど
あれにはキャラクターソングというのもありますし
思いっきりミュージカル調のものもあるんですけど
ひょっとしてそれと感覚が近いのかな~と思って
聞いてみたら凄く納得しちゃいました。
ちなみに富野さんは「サクラ大戦」は知らないそうです(笑)
(富野由悠季著「ターンAの癒し」より)

「ガンダム」ってかなり芝居掛かったセリフが多い事で
とても有名な訳ですけど
オペラと言うのかミュージカルと言うのか…。
それは俗に言われてる「富野セリフ」が
そうさせているんですけど
そういう感覚で見ると凄く納得できたりします。
富野さんも舞台の感覚の人なのかな~って。

曲はシンプルという感じでしょうかね。
イントロとラストがちょっと変わってて面白いです。
歌謡曲という言葉が使われなくなって久しいですが
そういう表現が合いますね。
と言うかJ-POPってなんだよ?
なんでも横文字にすればいいのかよっ!
ロックやってる奴を勝手にポップとか言うなよ!
と言うか根本的にポップとポップスは違う物なんだよ!!
それだったらJ-ROCKも作れよ!!!
と叫ぶ私は音楽が大好きな古い人間って事なのかよ!です(笑)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。