PLAMODELING NOAH BLOG
目撃せよ!新たなNOAH!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
BLOOD+ Episode-2


「小夜…戦って」

良い所で終わってしまった先週でしたが…。

続きをご覧になりたい方はぶらっどぷらぁ~す!

●Episode-2「魔法の言葉」●


小夜が目覚めました。
立ち回りとかはまだ大人しめな感じですけど
この音楽と効果音…ド迫力ですね!
自分のした事に驚いて気を失ってしまいましたけど
ハジに連れられてちょっと離れたビルみたいな上に。
カイが聞こうとしたら…。

いねぇ~…(孝之笑)

米軍が掛け付けて調査をしている感じですが
実際にあった事とニュースで
報道されている内容が違います。

化け物を「マウス」と呼ぶオクレ兄さん(笑)
小夜を引きとって育てたチボデー・クロケット(笑)
小夜の事を知っている空条承太郎(笑)
そして「小夜は世界でたった1つの兵器」だと。

少しずつ背景が出てきましたかね。

平和な雰囲気と異世界な雰囲気との対比が
なかなか良いですね。
しかし小夜は…食いしん坊です(笑)
そしてハジはとてつもなく神出鬼没です(笑)

「なんくるないさ~」

「なんとかなるさ」って意味だそうで
これが魔法の言葉。

「なんちゃ~ないぜよ」

2代目スケバン刑事麻宮サキも
そんなことを言ってましたね。
こっちは土佐弁ですけどね。
ちょっと意味が違いますか…。
って言うかネタが古いか?(笑)

まあ…なんとかなっちゃうもんだよなぁ~(ジョー笑)
って言ってるのも思い出しました。

家族団らんの所に掛かってきた怪しい電話。
また良い所で来週です。
来週は小夜の過去が少しわかりそうかも?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
第2話 魔法の言葉ハジから手渡された刀で翼手と戦う小夜。圧倒的な戦闘力で翼手を一刀両断にする。その場に現れたカイ。ガラスに映った血まみれの顔を見て正気に戻る小夜。昏倒した小夜を抱き上げるハジにカイが詰め寄った時、突如米軍のヘリが現れた。カイと小
2005/10/15(土) 22:08:09 | ナナは7番のナナ
「なんくるないさ」 結構、ネットでの評判も概ね良さげですな~。まあこの枠の前作がアレだっただけにね・・・。まあPTAとかから苦情があっても文句は言えそうに無いですけど。覚醒する小夜眼が赤くなるってとこは前作の不幸な主人公シンアスカの種割れ
2005/10/15(土) 23:05:14 | 駄文とか駄文とか駄文とか
ホンマに時間無いんで、追加・訂正などは帰ってからしますΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
2005/10/16(日) 03:44:51 | しぐぶろ~Exhibition blog of moe-picture~
 一度消えたけど、めげずにもう一度!! 前回の『小夜、戦って』から始まります。 目が赤くなって、唇も一層艶めかしくなっていますねv ハジから受け取った刀でバッサリ秒殺するのかと思っていたら、随分様子見してます。 そう思っていたら、親指の腹を刀で切
2005/10/16(日) 09:22:40 | 萌え日記
BLOOD+(1) 完全生産限定版喜多村英梨 小西克幸 吉野裕行 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-12-21売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools『魔法の言葉』なんとか、友達から動画ファイルもらうことができました・・・。よかったぁ~、見れて...
2005/10/16(日) 18:19:15 | ライブ窓ぁ。
ラストシーンでかわいいワンコがヒドイことになってショックを受けた。BLOOD+第2話。うん。なかなか面白くなりそうな気がする。テンポよく話が進んでいくのでいい感じ。けど、この早さでちょっと展開早いなぁと思うのは種デスに慣れすぎたか。時間帯なぞおかまいな....
2005/10/17(月) 22:56:20 | ひよこ探偵団
第2話「魔法の言葉」口移しに血を流し込まれ、「戦って」の言葉を聞き、変貌する小夜。怪物を一刀両断にぶった斬る。しかし「まだ目覚めていない」そうで…我に返ったとたんに気を失う。アニメ的ご都合主義の結界やらパラレルワールドなどは使わずに、ち
2005/10/18(火) 00:25:44 | salty blog
BLOOD+の第2話「魔法の言葉」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。初回放映日:2005/10/15脚本:大松 裕絵コンテ:神楽坂 時市演出:高橋 順作画監督:植田 実
2005/10/26(水) 01:07:13 | BLOOD+ トラックバックセンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。