PLAMODELING NOAH BLOG
目撃せよ!新たなNOAH!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
夜明け生まれ来る少女/高橋洋子


「灼眼のシャナ」のED曲の感想です。
とても良い曲なのでオススメです。

続きをご覧になりたい方はクリックして下さい。

●夜明け生まれ来る少女/高橋洋子 ●




多分1話でも聞いたとは思うんですけど
その時はそんなに印象に残らず…。
2話のEDでかなりやられましたね。
あのEDの曲の入り方は絶妙でしたからね。
ある意味SEED系というか君望系というか…。
物語が終わる直前から曲が入るパターンというのは
もっと評価されて良いと思っています。
これをやりだした人はなかなか素敵な発想ですよね。

それとどこかで聞いた事がある声だと
思ってたらあのエヴァンゲリオンの
「残酷な天使のテーゼ」を歌っている人でした。
歌も可愛い感じの声からカッコイイ声への変化とか
表現の幅がなかなかに広くて良いですし
きちんとメロを歌おうとしたら
結構難しい歌って感じもしますね。
声域も広いようですしね。

EDとかでもよくかかってますけど
宗教っぽいコーラスで始まって
それからボーカルのハーモニーになって
ドラムが入るあたりとかかなり良いです。
シンセもありがちな音なんですけど
なかなか印象的で良いですね。

2番のAメロ部のピアノの入り方とか
ちょっとだけ「残酷な天使のテーゼ」の
アレンジっいぽい感じ。
そこからまたちょっと展開があるのも
なかなか新鮮で良いです。

後は最後の部分のドラムのスネアの入り方とか
ラストを盛り上げる感じが良いです。

↓ED:テーマ 『夜明け生まれ来る少女』高橋洋子
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。