PLAMODELING NOAH BLOG
目撃せよ!新たなNOAH!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
機動戦士Vガンダム SCORE1


今回のツタヤ半額レンタルにて
いろいろと借りてきたのですが
「Vガンダム」のサントラ達が
今回の目玉だったな~と思いました。

続きを読みたい方はクリックして下さい。

●機動戦士Vガンダム SCORE1●




富野由悠季監督「機動戦士Vガンダム」の
オリジナルサウンドトラックの1枚目。
作曲されている方は千住明氏。
様々な音楽を手掛けられているコンポーザーですね。
しっかりと意識して聞くのは今回が始めです。
劇中でも聞いてはいたのですけど
「耳に優しい音楽」という印象だけでした。

しかし音楽だけで聞くと…これが素晴らし過ぎた!
「ターンA」のサントラと並ぶくらいのクオリティーですね。
音楽とアニメと完全に一体化するくらい
見まくってはないので、これから見ていきたいと思いますが
まずは音楽がとんでもなく素晴らしいです。

軽快な初期クールの主題歌「STAND UP TO THE VICTORY」
から始まった後は…。

もうなんと言うか木管関係の楽器の響きが美しい!
音が出てくるだけで感動すら感じます。
私はストリングスも好きなのですが
フルートとかオーボエとかも好きなんですよね。
千住カラーとでも言うんでしょうかね。
その他のガンダムサウンドにはない響きです。

個人的にすぐに気に入ってしまうのは
もっとベタベタなものだったりするのですけど(笑)
これはいいですよ!
ってちゃんと言葉で表現しなさいよ!って感じですが(笑)
織り成し方がとても丁寧で
ゆっくりと感情に訴えてくる感じというのか
深い濃厚な味わいって言ったら良いでしょうか。
複雑に絡みあっているラインの中にも
各楽器一つ一つがじっくりと味わって聞ける。
そしてシンプルとも感じられる。
矛盾した表現をしていますけれども
それがちゃんと成立しているのが素晴らしいと思うんです。

それと例えば戦闘シーンの曲でしたら
ドラムサウンドになってしまうというのが
割と定番で作りやすいんですけど
このサントラでは完全にクラシックに拘って作られています。
クラシック系サウンドだけでの
テンポ感の出し方とか非常に勉強になりますね。

変わった言い回しになってしまいますけど
「クラシックなのにこのポピュラー感はなによ!」と
そんな印象もありましたね。
もちろんクラシック独特のフレーズと言うか
雰囲気とかはあるんですけど
物凄くポピュラーな味付けもある。
たけどよくあるハリウッド系サウンドとは違って
音とか雰囲気だけで強引に持っていっていない。
自然にそして美しく丁寧に仕上げられています。

間違いなくこの音楽達には「魂」が入っていますね。
これは大当たりだな~~
富野さんも絶賛している訳ですし
アマゾンでの評価も高いのもとても頷けます。

最後に初期クールのED曲
「WINNERS FOREVER-勝利者よ-」も
締めてくれる感じで良いですね。
OPもEDもフルで入ってますので
それも含めてオススメではあります。

「心洗われる1枚」と表現してみたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。