PLAMODELING NOAH BLOG
目撃せよ!新たなNOAH!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
TBS 里見八犬伝 前編


やっぱり見ちゃいましたね~
「里見八犬伝」って名前を聞くと血が騒ぐんです(笑)
どうしてか?と言いますと…。

続きをご覧になりたい方はクリックして下さい。

●TBS 里見八犬伝 前編●


TBSテレビ放送50周年特別企画
「里見八犬伝」の感想です。

「里見八犬伝」って名前を聞くと
私は正直とんでもなく思い入れがあるんですよ。

何故なのか?

私と千葉真一と真田広之と志穂美悦子
とのある意味出会いの作品だからなんですよね。
「星よ導きたまえ」のアレです(笑)

知らない方には
「で?」って感じでしょうかね(笑)

これだけでピンと来た人にもいるでしょうが
あの角川映画の「里見八犬伝」なんですよね。
この映画を私は当時3回劇場に行って5回も見ました(笑)
そして当時小学生だった私は
音楽からセリフから全て丸暗記していました!(←バカ)
それだけ大好きな作品なんですよね。
それからJAC作品やらジャッキー・チェンとか
アクションものにはまりまくりまして
朝早くから筋トレしたり(笑)
2階から飛び降りたり(笑)
友達と殺陣を考えて遊んでたりと
それはもうアクションスターを夢見ていた少年だったんです。
中学の時にはJACのオーディションにも
豊○園に受けに行った事もあります!
一応合格したんですが
物凄く高い学費だった為に親の反対にあいまして
平平凡凡な人生を生きてまいったんですよ(笑)
まあその後には高校で体操部に入りまして
念願のバック宙とかバック転とか覚えました。

まあそれだけはまってたった事ですよね。

そんな訳ですからTBSの正月番組として
「里見八犬伝」をやるなんてのを聞いてから
もうどうしてやろうかと!
非常に複雑な気持ちで今日まで生きてしまいました(大げさ!)

そんでまあ取り敢えず前編を見た感想は
なんて言うか…微妙(^-^;;

決してつまらなかった訳ではないんですよ。
普通に面白かったんじゃないかと思うんですけどね。
まあ上記のように思い入れがありまくりなので
どうしても私の中では角川映画のには勝てないんですよ。

珍しく辛口で感想いってみます。
結構私時代劇にはうるさいんです(笑)

まず始めにやっぱり時代劇は
フィルムで撮影して欲しいですね。
だからNHKの大河ドラマ関係も
どうも見る気がないんですよ。

それと殺陣。
タッキーは運動神経も良さそうですから
非常にスピーディーではありましたけど
時代劇の殺陣ってもんは…そうじゃないだろ!
もっと見栄をキリッとゃったりとか
タメとか間とか…!
もっと魅せて欲しかったですかね~
カメラワークもなんかいまいちかな?
役者のかっこ良さがあまり出てない気が…。
ってこの辺はクライマックスの後編に期待でしょうか。
でも男から見てもタッキーはかっこいいですね。

仲間由紀恵ちゃんが出てたのも
見る1つのきっかけではあったんですけど
自分が犬になってビックリするシーンでは
どうしてもヤンクミとか山田奈緒子のイメージが強過ぎて(笑)
ちょっと笑いそうになってしまいました(笑)

もう1つ菅野美穂ちゃんが出てたのも見るきっかけでした(笑)
でも正直玉梓役なんてできるんだろうか?って感じでしたけど
なかなか声は凄味があった良かったですけど
如何せん顔が可愛過ぎる(笑)
角川のは夏木マリがはまりまくってましたからね~

後は浜路役が綾瀬はるかちゃんだったのも
見るきっかけだったんですが(笑)←またかよ!
浜路がああいう設定になるとは!!

滝沢馬琴のも一応は読んだんですけど
もうすっかり忘れてしまいましたが(笑)
里見の2番目の姫って設定はなかなか面白い!
姫を助けに行くのは時代劇の横道ですからね~(笑)
え…時代劇じゃない?RPG?ドラクエ?(笑)

なんだか知らないですけど
今回は殿がみんなバカばっかりですね(呆笑)
玉梓の言ったように里見義実も
1度言った事を曲げるってのは
正直どんなもんかな~?と…(^-^;;
回りがみんなバカばっかりって感じなので
その辺は明かな差を付けて欲しいかなと。

その中で個人的に凄く気になった事は
足利成氏役の京本政樹!
こちらが角川では犬塚信乃役だったんですよね。
そんな所で喜んでいるのは多分少ないかと(笑)

1番気になる所は八犬士達が
何故集まって玉梓を倒さなくてはならないのか?
その辺の意味付けがちょっと弱いかな~

後、気になる所と言えば
船虫役のともさかりえちゃんが
どんな風になるのかな~?って事ですね。

もう1つ妙に納得したのは
人に犬と書いて伏姫ってのが
今まで気がつかなかった!

珍しく辛口に言ってますけど
問題は角川の里見八犬伝に思い入れが
あり過ぎる人の感想なので(笑)
あまり気にしないで下さいね~

まあ明日の後編で不満足だった所が
解消するくらい楽しめるといいんですけどね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
渡部さんがすごくかっこよかった!!(前半ちょっとだけのシーンでしたが…)あの長い髪と着物と馬に乗って矢をどりゃーというところです。着物が似合いますねえ。(ちなみに
2006/01/03(火) 00:47:36 | 騒やかなUNDER⇔GROUND
里見八犬伝南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん、南總里見八犬傳)は、曲亭馬琴(滝沢馬琴)作の読本。略称は八犬伝。概要1814年(文化 (元号)|文化11年)に刊行を開始し、1842年(天保13年)に完結。28年がかりの大作で、馬琴は途中失明しながら
2007/07/28(土) 13:01:43 | ななこの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。