PLAMODELING NOAH BLOG
目撃せよ!新たなNOAH!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
角川映画 里見八犬伝


想い出は美化し易いものである。
それは本当なのか?確かめてみました。

こちらは角川映画の方です。
TBSの「里見八犬伝」を見たら
やっぱりこっちも見たくなって
押入れから引っ張り出して見ています。
是非知らない方にも知って頂きたいと思いまして
感想書いてみます。

続きをご覧になりたい方はクリックして下さい。

●角川映画 里見八犬伝●




構想10年、制作費10億円、角川映画10周年
角川映画全盛期の超大作!
って10並びだったんですね(笑)
配給収入23億円ってのも凄いです。
もう20年も経つんですね…。
いろんな意味でビックリです(笑)

当時角川映画って言いますと
物凄い流行ってたんですよ。
特に3人の看板娘
薬師丸ひろ子、原田知世、渡辺典子が
主演を入り変わり立ち代りでやってましたね。
ちなみに私は渡辺典子が好きでした(笑)

そして若手俳優の中でアクションができる俳優
と言ったら千葉真一(野際陽子の元亭主)
が作りましたJAC(ジャパンアクションクラブ)
中国雑技団の日本版みたいなものですね。
それが生み出した秘蔵っ子、真田広之。
こちらも当時はかなり人気ありましたからね。
大抵この時代のアクション映画には出てます。
要はスタントを使わないで
自分でアクションができる俳優さん。
例えて言うとジャッキー・チェンみたいなものですね。
特に真田広之の場合小さい頃からJACにいましたので
鍛え方は半端じゃないんですよ。
ですから気軽に「アクションものです!」とか
言わないで欲しいな~と思うんです(苦笑)

そう言えばこの間紅白で
薬師丸ひろ子も出てましたけど
いやぁ~この頃は若い!若い!!!
真田広之もめっさかっこいい~(><)/
千葉ちゃんも渋いですし
京本政樹が気持ち悪いくらい美形!
あばよ~涙~♪のギャバンもいましたよね~
岡田奈々もとても綺麗です。

後はやっぱり志穂美悦子!!!
綺麗ですよね~うっとりしちゃいますもん!
そうです!ビジンダーですよ!!
自分で「ビジンダー!」って言うんですよ?(笑)
しかも敵のハカイダーと文通しているんですよ!!(爆)
話が関係なくなってきましたが…(^-^;;
女剣士って役はこの人の為にあるような気さえします。
私にとっては悦っちゃんこそが「永遠の女剣士」なんですよ(笑)
結構いろいろと時代劇見て来ましたけど
ただ美人な人や可愛い人は一杯いるんですけど
本当にアクションが出来てかっこいい人って
なかなかいないんですよね(T_T)
やっぱ悦っちゃんを越える人はいなかった。
ナガ○チの嫁さんにしとくには勿体無い!!
またラストバトルの衣装がかっこいいっ!

話の内容は原作、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」とは
かなり違う話になっていまして
オリジナル設定の静姫がいたり
信乃じゃなくて親兵衛が主役だったりと
大幅に改変されています。
逆に言えば映画だと2時間くらいしかありませんから
全員の事を描くってのは無理がある訳ですけど
その辺はまあ仕方がない所もあります。

基本的に静姫と親兵衛のファンタジーラブストーリー。
良い意味でも悪い意味でも
全体的に当時の日本映画独特のドロドロ感があります。
勝手にゲームに例えるならドラクエの設定に
FFのドラマティックな部分が
思いっきり足されているような感じです(笑)
悪を倒して姫を助ける。
あ…スーパーマリオもそうでしたか(笑)
使い古された設定ですけどやっぱり燃えます!

玉梓率いる妖怪軍団に対抗する
八つの玉に導かれた剣士…じゃなくて犬士達。
悪の城の描き方を頭に持って来て壮大に見せ
如何にも「この世界は闇だ~呪われてる~」
って演出に始まって
途中道節と大角に助けられた静姫が
巻物を読んで玉梓達の呪いに打ち勝つには
八人の犬士しかいないという暗示設定。
里見の姫を助けたからと言うだけで
焼き殺された村人達。
生き残った子供を遊び半分に追い掛け回し
殺してしまうシーン等など
玉梓達が妖怪じゃなくても
この圧倒的な支配感は良く出来てます。
正義感に燃える感情を呼び覚ましてくれますよね。

そしてやっぱり1番の魅力はJACによるアクション!
アクション時代劇をやらせたら
やっぱり彼等の右に出るものはいないですよ。
まあアクションって言ったって
いろいろと好みとかあるのはもちろんなんですけど
美しく、しかもかっこいい
「魅せるアクション」を出来るのは
やっぱりJACならではでしょうか。
アクション時代劇ってものはですね
カット割しながらワイヤーアクションなんて
そんなナマっちょろいもんじゃないんですよ!!!(叫)
桃山城の天守閣から跳び降りるくらいの事は
やってもらわないとっ!!(笑)
それでシャチホコの一部を折ってしまって
「秀吉さん、ごめんなさい」って言うんですよ!!(笑)
それはやり過ぎですが…(^-^;;

アクションは全編にわたって見所満載なのですが
親兵衛と7犬士達のバトルシーン。
ワイヤー使うならこのくらい飛んでもらわないと!(笑)
悦っちゃんとの一騎打ちもいいっす!!

そして八人が揃って「八犬士のテーマ」に乗って
千葉ちゃんを筆頭に夜明けの中を颯爽と
掛けてくるシーンとかもう…ヤバイ(笑)
かっこ良過ぎるぅ~~!!!(><)/

そして最大のアクションの見せ場は
やはり玉梓の城に乗り込んでからのラストバトル。
一応全員に見せ場はあるんですけど
(千葉ちゃんの「姫ぇ~~!!!」って所とか)
特に親兵衛と道節が2人になってからのアクションと言ったら
もう今までに何十回も見てるなんですけど
何回見ても惚れ惚れしまくりますですよ…ハイ(うっとり)
カット割が殆どなく繋いでいく
これだけのアクションってなかなかないです。
連続感がかなりあるんですよ!
またこのシーンの音楽がいいですな!!
思いっきりRPGの戦闘曲みたいですもの(笑)
今回のTBSので「殺陣が凄い!」って
思った方は是非見なさい!って言うか見ろ!!(命令笑)
美しく、かっこ良く流れる様に魅せる殺陣ってもんは~~!!!
こういうのを言うんだぁ~~!!!!!(雄叫)
この「何がなんでも姫助けるんだ!」的
ド根性度がたまらないです(笑)
タッキーがこれくらいやってくれたら
俺はジャニーズのファンクラブに入るよ?(笑)
こういうアクションがまた見たいものですが
もう見れないのかな~?
誰かやって~~~~~~~~~~~~~~~!!!(><)/

それだけ好きな作品なんですけど
悪い所もとてつもなく一杯あります(笑)
セットや特撮はとてつもなくちゃっちいですし
話もかなり強引だったりしますし
八犬士のエピソードも荘助と小文吾、現八辺りは
時間の都合上殆どカットって感じですし
真田広之と薬師丸ひろ子のラブシーンが
いい加減長かったりして
原作とあまりにも違ってたりしますので
原作ファンの方にはかなり不評です。
悪く言ってしまえば
「薬師丸ひろ子とJACのプロモ」って
言う表現もできるでしょう。

でも私はこれが好きなんです(笑)
ベタな音楽と真田広之と千葉ちゃんが
暴れているだけで燃えられますし(笑)
そして何より勧善懲悪がはっきりしていて
解り易くて痛快です!
だって時代劇にガンダムみたいな事言っちゃったら
武士とかサムライって存在そのものの否定になりません?
それが良い時代だったかどうかはさておき。
あの時代はみんな戦いたくて戦っているんでしょう?
そりゃ~全員ではないでしょうけど
(少なくとも女達やら農民達は迷惑している気はする)
敵将の首を取って出世する時代ですよ?
「この国には刀はいらない」って…。
だったら最初から剣とか持って戦うなよ!
八犬士とか集めるなよ!!
慈悲の力の八犬士とかにしちゃえよ!
って…また昨日の愚痴の続きが…(苦笑)

後、個人的には音楽がかなりベタなので
(FFのラストバトルみたいな曲が燃える!)
そういうのが好きな人にもオススメでしょうか。
音は特に良いとも思わないんですけど
分かり易くて燃えます!!!
サントラCDで欲しいんですけど
なんか・・・なさげ(T_T)
それと今だと当たり前になっていますけど
時代劇でこういう音楽ってなかったんですよ。
その辺も画期的だったんですよね。

日本にもこんなファンタジーがあるんですよね。
妖怪とか神々とか呪いとかありますし
もっとジャパニーズファンタジー作品って
あっていいんじゃないかと思いますね。
それとやっぱ時代劇はフィルムですね。
リアル感が全然違いますもん。

なんか…。
超ミーハーJACオタ感想になってますけど(笑)
これでも感想書き足りません!!!
私には永遠の青春映画なんですよ。
今回の「里見八犬伝」で話に興味を持った方には
ツタヤの半額レンタルの時でもいいですし(笑)
ネットでも配信していますので(こちら
是非これも1度見て欲しいですね。

おっさんの昔話に付き合って頂いて有難う御座いましたm(__)m




でもどっちが良いとか?原作と違うとか?
そういう理屈で今回のTBSのを
批判したんじゃないんですよ。
確かに私は角川版が好きです。
そして今回のTBSのにもそれを期待していました。
でも…もうこれは「里見八犬伝」がどうのこうのじゃないんです。

それで何がおかしかったのか?考えました。

玉梓が改心したのはなんとか
納得する事にしましたけど(笑)
今回1番悪かったのが里見義実。

まずドラマの中で玉梓にも言われてましたけど
自分の言った事をコロコロと変える。
そういう人間を信用しますか?
そういう殿様に仕えたいと思いますか?
取り敢えず呪われて当然です(笑)

そして次。
伏姫の体から出た八つの玉の犬士達を探す。
5人くらい集まった時点で
「頼んだぞ~犬士達~」と自分の城で
「太○にほえろ」の石原裕次郎みたいに(笑)
言ってましたよね?

まあそれはいいでしょう。
そういう演出にしたいんでしょうから。

一生懸命八犬士と自軍の兵士達が
まさに命を掛けて戦っているのに
なんで伏姫の着物を見ながら1人で黄昏てるの?(笑)

まあ…そういう気持ちにもなるって事は
ありますから、これも譲ります。

だがしかし!!!
何故?玉梓が来た時に自分の命を差し出した?
潔い???????????????
だったらなんで八犬士集めたんだよ~~!!
なんで「頼んだぞ~~」って言ったんだよ~~!!!

って言うか…義実、いいか良く聞け!(ヤンクミ風笑)
反戦メッセージ上等!争いのない世界多いに結構!

確かに伏姫の子達が犬士達だったさ。
更に言えば自分の孫みたいなものなのもわかるさ。
だが犬士達全員があんたを父のように慕ったシーンがあったか?
道節と毛野なんか基本的に利害が一致したから
協力しただけって自分達で言ってたじゃん!
感情が入り込んでいけないんだよ。

そしてこの時代において。
進んで自分の首を差し出す大将がどこにいるっ!?
だったら一体今までなんの為に
大輔は頑張って来たんだよ?
里見の家を再興、若しくは玉梓の呪いに打ち勝つ為にとか
それで八人の犬士を集めたんじゃないの?
そういう風に話を持ってきたんでしょ?
みんなアンタのそんな願いの為に命掛けて戦ってんですよ!!
戦場ですよ?一瞬でも気を抜けばバッサリ斬られるのよ?わかる?
斬っても斬ってもワラワラ兵隊が出てくるのに
頑張って立ち向かってんですよ!!

あんた…それでもサムライかよ???殿様かよ?
まだ佐野史郎とか渡辺いっけいとかの方が
バカで解り易くていいさ(笑)
あんた慈悲深い殿様って設定なんでしょ??
武士ってものは…サムライってものは…
男ってもんはよぉ~~~~~~!!!!!(熱血雄叫)

だから私は楽しめなかったんです(唐突)
そういうことなんです。
だから「里見八犬伝」がどうとか
原作がどうとか、角川がどうとかって
問題じゃないのがこれで
ご理解頂けるんじゃないかと思います。
これだけは絶対に誤解しないで頂きたい。
どっちが上とか下とかそういうものでもないです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。