PLAMODELING NOAH BLOG
目撃せよ!新たなNOAH!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~ CHAPTER 02
sakura5.jpg

イッツ、ショータイムッ!!

「サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~」

第2話です。
今回はサジータがメインのお話。
サクラ大戦はアニメ的手法で
ストーリーが展開していきますので
感想書くには区切りがあっていいです。

ネタバレになりますので
続きをご覧になりたい方はクリックして下さい。

CHAPTER 02「人民の人民による人民のためのLAW」


今回のヒロインはサジータ・ワインバーグ。
今の所彼女とはなかなか上手く行きません(^-^;;
好感度が下がりまくってます(笑)
弁護士の割には凄く感情的と言いますか
人の話を聞いてないようなせっかちさんですね。

まずは加山とジェミニと朝の散歩を兼ねて
日本展覧回みたいなのに行く事になるんですが
アメリカは歴史の浅い国と言う事で
各国の文化物をいろいろと展示しています。
そこには日本の宝刀も展示してあるんですが
またジェミニが妄想しちゃってて(笑)
(しかも長い!)凄いんですが
この一見関係なさそうな話が
後で教訓みたいな感じで
繋がっている所もサクラ大戦らしいですね。

ハーレムに住むサジータはそこで弁護士をしています。
そのハーレムに新都市計画が持ちあがっていまして
サジータはその会社の顧問弁護士になっています。

新次郎は劇場に届いていたサジータ宛ての
封筒を届けにハーレムに行く事になります。
ハーレムはよそ者を嫌うと言う事で
誰か一緒に行く人を探しているんですが
そこでジェミニたんですよ!(笑)
愛馬ラリーとケンカしてしまったようで
ラリーをハーレムまで探しに行きます。
つーか…アパートで馬飼えるのかよっ!!(笑)

ハーレムでサジータと現在のハーレムについて
いろいろと知る事になるんですが
サジータは変わってしまったと言われてしまいます。
ある事件をきっかけにサジータと
ハーレムを掛けて裁判をする事になります。

いろいろと証拠など集めてくるんですが
何か「逆転裁判」っぽくってちょっと面白かったです!

過去に負けては行けない裁判で
負けてしまった為に法の力という部分に
溺れてしまったサジータ。
それ故に見失ってしまったものがあった。

まさに「自分の非力さに泣いた事のあるものは…。」
ってヤツですね~(^.^)

しかし「ハーレムを愛する心」は変わらない。
サジータの心が昔のように戻って行きます。
となった所でお約束の戦闘開始です!

今回更に「エリアシステム」というのが入りまして
なかなか広さがある戦闘できるって感じです。
そして前回まであった「風林火山」がなくなって
「心技体」という作戦名に変更。
列車の上でバトルしたりなど
演出面が非常に凝っています。

今回の敵はロラン・セアックですけど(笑)
最初は全然声がわからなかったですね。
途中から「ああ、そうかも!」という部分はありましたけどね。
きよみんも登場してましたので
割りと敵キャラの中では主要キャラなんでしょうかね?

今回は必殺技の演出に磨きが掛かっています!
「熱き血潮」のようにアニメだけじゃなくて
3Dとアニメの融合って感じで
非常にかっこいいと言うか凄いです!!
最初の必殺技でこれだけの演出で来るんで
一体次の必殺技とか合体攻撃とかどうなるんだろう?と
非常にワクワクしますね~(^.^)
そしてそして!!!
新次郎の必殺技も!!!大神さんと同じ!!
「狼虎滅却ぅ~~!!!」なんですよっ!!!(超燃ッ)
どうも大神さんと同じ剣の流派だという設定のようですね。
取り敢えず無茶苦茶嬉しいですよ(^.^)

今回も割りとサクサククリアーできまして
サジータとも少し仲良くなって
お約束的な流れになって来てますね。

次回はリカリッタのお話です。
1話では一応他の隊員は全員出てきたのですが
まるっきり登場しなかったので
(探したらいるんでしょうか?)
どんなキャラか楽しみです~(^.^)

では次回の更新まで…摩天楼に…バキューン!

現在総プレイ時間 4時間37分

↓サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~


↓サクラ大戦V-0 ~荒野のサムライ娘~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。